お腹の改善に、ストレス緩和や睡眠改善も!?

“プレミア”な乳酸菌の実力がスゴイ

2014.09.24 WED


脳と腸が互いに影響し合う「脳腸相関」。プレミアガセリ菌CP2305の摂取で、整腸効果が期待できるうえ、リラックス・安眠などのストレスも軽減!?
多くの現代人を悩ませる“お腹”の問題。下痢や便秘で困った経験があるという読者も少なくないはず。そんなお腹を整えるために活躍するのが“乳酸菌”だというのは、誰もが知るところだろう。一般的に認知されている乳酸菌とは、腸内で善玉菌を増やしたり、有害成分を発生させる悪玉菌を攻撃し、悪玉菌の数を少なくすることで、腸内環境を改善するというもの。しかし今回、飲料メーカーのカルピス社と、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の六反一仁教授らの共同研究によって、まったく違った形で整腸をうながす乳酸菌が確認された。カルピス社が保有する乳酸菌「プレミアガセリ菌CP2305」がそれだ。

ヒトの脳の神経細胞は、実は腸から進化したもの。腸は、脳ができる前から神経系を発達させてきた生物最初の臓器で、たとえば腐ったものが腸に入ると、自ら危険を察知し、脳を介さずに下痢を起こすなど自ら考えてアクションが起こせるほか、さらには腸だけで対応できない場合に、脳へメッセージを送って嘔吐を仕向けるなど、脳と密接に関係する「脳腸相関」というメカニズムをもっている。プレミアガセリ菌CP2305はその「脳腸相関」に注目。ラットを用いた動物実験の結果、プレミアガセリ菌CP2305は、腸に刺激を与えて脳へメッセージを送り、それを受けた脳が、腸を含めた各部位へ機能改善のための指令を行うことがわかったのだ!

のちの臨床実験では、便秘気味の人、下痢気味の人のいずれも、プレミアガセリ菌CP2305を飲むことで改善効果が見られたほか、さらにはストレス緩和による睡眠改善効果まで確認されたのだというから驚き! さらにこのプレミアガセリ菌CP2305、なんと殺菌されても効果が衰えない。まさにこれまでにない画期的な整腸メカニズムをもった、“プレミア”を冠するにふさわしいスグレモノなのだ!

今後、さらに新しい効果が発見される可能性も秘めたプレミアガセリ菌CP2305。下痢や便秘などの問題を抱えているという人はもちろん、それ以外の人たちにもぜひ注目してほしいキーワードだ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト