ネット界の“旬”なニュースをお届け!

横浜マリノス・桃色カレー…味は?

2014.09.25 THU

噂のネット事件簿


YouTubeに公開された試食映像では、兵藤慎剛選手が「ピンクカレー」を食している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日産スタジアムで9月23日、横浜F・マリノスvs.サンフレッチェ広島のゲームが行われ、そこで200食限定で販売された「ピンクカレー」が話題となった。

同日、横浜F・マリノスは12時から女性ファン向けイベント「GIRL’S FES」を開催。スタジアム内ではネイルやフェイス・ペインティング、キャンドル制作、フォトスタジオなどのブースが出店されたほか、横浜の人気スイーツ店やカレー店も参加した。前述の「ピンクカレー」も、そこで提供されたもので、横浜の商店街で働いている女性10人で結成されたチーム「Zabuton Club」が7月から開発を始めたという。

ガールズフェスの公式サイトで販売が発表されると、「ピンクカレー」はそのカレーらしからぬ色から話題を集め、販売開始後およそ1時間で完売。目当てにしていた人からは、想定外に早い売り切れに、

「嘘だぁーーーーーーーーー!!」
「ピンクカレー完売だと…(゜ロ゜)w」
「ピンクカレー売り切れだった(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)」

という落胆の声がツイッターに投稿された。一方、実際に食べたという人からは、

「めっちゃカレーでした!」
「ピンクカレー普通に美味しいー!」

というコメントのほか、

「ピンクカレー味が少し薄い感じがする。甘口カレーかな?」
「ピンクカレーは大体…カレー味よw
凄くマイルドだから人によっては物足りないかもね」

と、「まろやかな味だった」との感想があがっている。

ちなみにピンク色のカレーは、ホテル「ザ・プリンス箱根」内のレストラン「レストラン ル・トリアノン」に「シーフードと緑黄色野菜のピンクカレー」というメニューがあるほか、秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ~むカフェ」でも「萌え萌えピンクカレー」を販売。また今年7月には、鳥取県がレトルトカレー「華貴婦人のピンク華麗(カレー)」を発売している。色付けにはビーツ(赤色のカブのような野菜)などが使われることが多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト