ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ジャンプ電子化で地殻変動起きる?

2014.09.26 FRI

噂のネット事件簿


スマホ向けアプリ『少年ジャンプ+』で配信される電子版『週刊少年ジャンプ』。同アプリ限定の作品も無料で公開中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
集英社が9月22日、スマートフォン向けアプリ「少年ジャンプ+」の無料配信を開始した。アプリ限定の連載作品が読めるほか、『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』といった作品が復刻連載される。

さらに同アプリでは、『週刊少年ジャンプ』の電子版を購読することもできる。紙の雑誌と同じ発売日の午前5時に配信され、価格は単体で300円。定期購読の場合は月額900円となり、隔月刊行の『ジャンプNEXT』も無料で読むことができる。

現在、紙の『週刊少年ジャンプ』の定価は255円なので、単体では電子版の方が割高だが、月額で考えると月4冊+『ジャンプNEXT』(隔月)を900円で読めるのでこちらのほうがお得。ツイッターでは、

「捨てるコストないこと考えると悪くはない気がする」
「ジャンプとジャンプネクストが月900円で読み放題かー。毎週購入してる身としては安いな。ついでにジュース買って~とかも無くなるし、雑誌が幅取らないし良い感じだ」

などと、かなり好評のようだ。また、人気マンガ誌の電子書籍化ということで、

「ついにジャンプが電子化。かわりそう」
「今まで漫画雑誌の電子化は、やるよやるよ、といいつつダチョウ倶楽部的な感じが続いてきたけど、『ジャンプ』が動いたことで、これで本当に地殻変動が起きるのかもね。やらざるを得なくなったというか、やったら簡単には戻れないしね」

と、今後マンガ誌の世界に大きな変化があるのではないかとの意見もあった。

ちなみに、実際に電子版『週刊少年ジャンプ』を購入したというネットユーザーの感想はというと、

「ジャンプ電子版買ったけど便利やな。広告一切無しだし」
「電子版ジャンプ。見開きで『ババン!』って感じのページが、分割されちゃうのが少し残念だけど、あとは大丈夫」

と、満足度も高そう。ひとまず、スタート直後の反応を見る限りでは、『週刊少年ジャンプ』の電子化は成功だったといえそうだ。これを受けて、ほかの週刊マンガ誌の電子書籍化が一気に進む、なんてこともあるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト