クイズ形式で学べる安眠食事術

空腹で眠れない時のお勧め夜食は?

2014.10.02 THU


答え c 
睡眠の「質」に大きな影響を与えるもの――そのひとつが食事だ。食べるものや時間帯などによって睡眠の「質」は大きく変化するのだとか。そこで安眠をもたらす食材、栄養摂取のタイミングなどをクイズ形式でご紹介しよう。あなたはいくつ答えられる?

<安眠食事術クイズ4問4答/睡眠コンサルタントの友野なおさん監修>


Q1)小腹が減って眠れない時、食べるならどれ?

a 冷や奴
b ざるそば
c かけうどん

<解説>
「食事は就寝3時間前までが理想ですが、働き盛りの男性にはなかなか難しいはず。そんな時は、温かくて消化のよいものを選びましょう。冷や奴やざるそばのような冷たいものは胃腸に負担をかけるので×です」(友野さん)
(答え c)


Q2)食べると安眠につながる野菜は?

a サツマイモ
b タマネギ
c ピーマン

<解説>
「独特の香りがあるタマネギやセロリ、パセリなどは“ アロマベジタブル”と呼ばれ、リラックス効果が高い食材。また、疲労回復や精神安定の効果もあるので、眠りの質を高めてくれます」(友野さん)
(答え b)


Q3)安眠と深いつながりがあるタンパク質。いつ摂るのが最も効果的?

a 朝食
b 昼食
c 夕食

<解説>
「タンパク質には、神経伝達物質「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」が多く含まれています。セロトニンは、夜になると眠りを促す「メラトニン」に変化するため、日中にどれだけ多くのセロトニンを蓄えておけるかが安眠のポイント。セロトニンは、日光を浴びたり体を動かしたりすることで活性化されるので、原料となるタンパク質はできるだけ早く摂取するのが◎です」(友野さん)
(答え a)


Q4)寝る前に飲むと、一番良くないのは?

a ホットミルク
bカモミールティー
cナイト・キャップ・カクテル

<解説>
「アルコールには眠気を誘う効果はありますが、利尿作用があるため夜中に起きてしまったり、血中アルコール濃度が下がる早朝にパッと目が覚めて再入眠できなくなったりする可能性が大。ホッ トミルクは、一般的に安眠効果があるといわれていますが、成分的な効果を得るためにはドラム缶半分くらい飲む必要があります。一方、カモミールティーは、ノンカフェインでリラックス効果が高いのでオススメです」(友野さん)
(答え c)

以上、睡眠コンサルタントの友野さんによれば、飲食習慣を見直すだけでも睡眠の「質」改善に繋がるという。日頃、睡眠に問題を感じている人はぜひ参考にしていただきたい。

  • 監修:友野なお

    睡眠コンサルタント。「食」 と 「睡眠」 に関する豊富な知識から、カウンセラーやセミナー講師として活躍。著書に『4週間でヤセ体質に変わるきょうの睡眠ダイエット』(主婦と生活社)、『眠活』(中央公論新社)など

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト