ネット界の“旬”なニュースをお届け!

松岡修造の解説 意外と冷静で好評

2014.10.07 TUE

噂のネット事件簿


「あまりにも凄い試合だったので、今の感情を上手く表現できっこないから…」と言いつつも、錦織優勝への熱い気持ちをブログに綴る松岡氏
10月5日に行われた男子テニスの楽天ジャパンオープンの決勝戦で、錦織圭はカナダのミロシュ・ラオニッチを7-6、4-6、6-4で下し、勝利。前週のマレーシア・オープン・クアラルンプールに続いて2週連続のツアー優勝を果たした。

当初、この試合は地上波で中継される予定はなかったが、錦織が決勝に進出したことで、テレビ東京が放送予定を変更して中継すると決定。その解説を担当したひとりがが、松岡修造氏だった。

準優勝を果たした全米オープン以来、錦織にとっては3週連続の決勝進出。話題をさらったのはもちろんだが、その解説をネット上でも人気の高い松岡氏が担当するということで、試合はより一層注目度が増した。しかし、いざ放送が始まってみると、松岡氏の“熱い”解説は影を潜め、意外にも落ち着いた雰囲気の中継となった。ツイッターでは、

「松岡修造が静かに解説しててなんだか笑う」
「試合中だと低めのトーンなのね。修造さん。解説出てるのわからなかった位。頑張れ錦織!」

などと、熱い“松岡修造節”を期待していたがゆえに、拍子抜けした視聴者もいたが、

「楽天オープンでの松岡修造の解説が的確だなー普段は熱いイメージだけど、解説は凄い冷静で意外w でも、凄い分かりやすくていい」
「公平を装った圭贔屓の修造解説好きだなぁ(^-^)」

と、テニス初心者にも分かりやすい、冷静かつ丁寧な松岡氏の解説に引き込まれるネットユーザーも多かった。

だが、そんな松岡氏も試合が進むにつれて徐々にエキサイトし始める。特にタイブレークにまでもつれた第1セットを錦織が獲った瞬間には、思わず「キター!」と叫んでしまう。そんな松岡氏の熱さに、ツイッターユーザーたちも、

「修造うるせえええええwwwww」
「1番大事な解説のとこでキターじゃねーよ修造!!笑 松木か!」
(編集部註:サッカー解説者・松木安太郎氏)
「修造『とんでもないタイブレークだったな…!!』まじかww」

と、まさに期待通りといった雰囲気で大いに盛り上がっていた。

ネット上での評判も高かったテレビ東京の楽天オープンの中継だったが、急遽決まったということもあってか、試合の途中で放送終了となってしまった。放送終了間際、松岡氏も「これは…大変申し訳ありませんというか…申し訳ありません、ですね…」と困惑しつつ謝罪していたが、ツイッターでは、

「錦織優勝の瞬間の、松岡修造の反応が聞きたかったなぁ」
「錦織優勝で松岡の涙声をヲチろうとしたらテレ東は4時終了だたのか」(原文ママ)

など、錦織優勝の瞬間の松岡氏の反応を知りたかったという意見も多かった。

試合途中での放送終了は残念だが、松岡氏の冷静な解説が好評だったことは間違いない。錦織の活躍だけでなく、松岡氏の解説がテニスの注目度をより高めることにつながりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト