ネット界の“旬”なニュースをお届け!

iPhone6の製作者はハゲ?

2014.10.08 WED

噂のネット事件簿


まるでヒゲ剃り? Mashableの「やってみた」動画 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アップル社製品についての情報サイト「9to5Mac」で、iPhone6 Plusの外側ケースとガラス面との間に髪やヒゲが挟まる事例が報告され、話題となっている。

この問題はiPhone6およびiPhone6 Plusで発生しているようで、ツイッターでは「#HairGate」というハッシュタグが作られて話題が拡散。海外メディアにも広く取り上げられており、「iPhone6のテスターは、ハゲていたのでは?」「(髪があった)ジョブスだったら、こういうものは作らなかっただろう」と指摘する人もいるようだ。

iPhone6/iPhone6 Plusといえば、その大きさ・薄さに端を発した「曲がる」「割れる」などといった問題が指摘されている。だが今回、新たな問題が浮上したことに世界中のネットユーザーたちも注目。ツイッターでは、

“Nooo”(やめろおお)
“If you buy an iPhone 6, you better be totally bald”(iPhone6を買ったら、だんだん丸坊主に近づくぞ)
“Maybe people should just shave their beard”(ヒゲをきちんとそるべきかもな)

という海外ユーザーのコメントのほか、日本でも、

「iPhone6持ちの人は髪が抜けるらしいぞ笑」

と話題に。実際のiPhone6/iPhone6 Plusユーザーからは、確かに

「iPhone6、なんとなく顎あたりなぞったらヒゲ引っかかりまくって打ちブチブチィッ!ってなってすげー痛い思いした」
「毛が挟まって、引っ張られると何気に痛いねんけど・・・・」

などの声もあるが、

「いま試しにやってみたけど ならないよ 笑 どうやったらこのつなぎ目のない本体とパネルの間に毛が挟まるのかね?」

と、何の問題もないという人も。海外サイト「Mashable」では、様々な人が、iPhoneで髪をなでつけたり、ヒゲに“ぞりぞり”しても「挟まることはない」という実験動画を公開しており、ヒゲや髪の長さ・硬さによるのかもしれない。販売台数の多さで話題をさらったiPhone6/iPhone 6 Plusだが、新しい話題の提供にも事欠かないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト