ネット界の“旬”なニュースをお届け!

人気YouTuberになるには?

2014.10.12 SUN

噂のネット事件簿


のべ442万のファンをもつというトップYouTuber のHIKAKINは企業からの引き合いも多く、年収1億円ともいわれる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月8日、Googleは、YouTubeクリエイターになるために必要な情報をまとめたウェブサイト「YouTubeクリエイターになろう」を公開した。

大手企業のPRにも起用されるなど、注目される「YouTuber」。これは、YouTubeのパートナープログラムに参加したうえで、自作の動画をアップし、収入を得ている人のことを指す。動画に広告を表示し、それを視聴者が見ることで投稿者に広告収入が入る仕組みだ。人気を集めるYouTuberは「トップYouTuber」と呼ばれ、年に1000万円以上稼ぐ人もいるという。

「YouTubeクリエイターになろう」は、YouTubeを自己表現やビジネスに活用することで、クリエイターとしての一歩を支援していくというものだ。

サイトでは、YouTube 動画の登録手続きや収益を得る方法、広告の種類などの解説のほか、スキルアップをサポートする様々な方法も掲載。オンライン学習コース「YouTube Creator Academy」では、動画を作成する実作業以外にも、「訪問ユーザーを増やす」「ファンを魅了する」など“人気者になるため”の方法を学ぶことができる。また、コンテンツ制作、ワークショップへの参加、他のクリエイターとのコラボなどができる「YouTube Space Tokyo」(東京・六本木)についても紹介している。

その他、現在のべ442万のファンをもつHIKAKIN氏や、マックスむらい氏、バイリンガールちか氏の紹介記事も掲載。トップYouTuberたちの動画をすぐにチェックできる。

“動画を作って収入”に魅力を感じるものの、どうやって作るのか、またどうやったら人気を集めることができるのかと悩む人も多いという。今回のサイトは、それらの声に応えたものとなっており、ツイッターには

「見てたらYoutubeやりたくなったもんな」
「おもしろいかも」

と、興味を持った人のコメントがあがっている。

実際、ツイッターには「YouTuberになりたい......」などというつぶやきも多く、「職業:YouTuber」に憧れる人は増えているもよう。次に注目されるクリエイターは誰か。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト