ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ベルギー肥満担当大臣が127kg

2014.10.19 SUN

噂のネット事件簿


ふくよかな人物だからこそ、共感が得られる…かも? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
国内の肥満問題を担当するベルギー保健省のマギー・デ・ブロック大臣が、その責務と不釣り合いの人物なのではないか、と話題になっている。というのも、彼女の体重が127kgあると報じられているためだ。

医師の資格をもち、25年間医療に携わってきたというブロック大臣。健康問題にも詳しいはずだが、ネット上には“なんという皮肉”“(そんな体で)他人の健康に口出しできるのか”などという批判もある。

ブロック氏のことが海外メディアで大きく取り上げられると、日本のネット上でも話題に。ツイッターには、海外同様「保健省大臣説得力なさすぎwww」というツッコミのほか、「しかも名前がデブロックて」とカタカナ読みの名前についても敏感に反応する声も多数。

しかしその一方で、

「こういう体型の人が『肥満撲滅』を担当するということは、『人間、わかっちゃいるけど、やめられない』とメッセージを身を以って発信しているわけで、逆に安心する人もいるんじゃないかな」(原文ママ)
「およよw  むしろ、大臣自ら行動し私はこうして痩せました。のほうがアピール出来ていいと思う。あとでダイエット本だせるかも~ww」
「彼女がその体型を利用して 率先して痩せていけば、肥満問題に取り組む姿勢が 評価されそうだね」

など、“一緒に頑張りましょう”というメッセージのためには、太っている大臣が肥満対策に乗り出すのはアリなのではという見方もある。批判に屈せず、よい方向に導いてくれるのを期待したいものだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト