ネット界の“旬”なニュースをお届け!

おっぱいトラック登場で事故多発

2014.10.22 WED

噂のネット事件簿


ついついよそ見をしてしまったドライバーが続出 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ロシア・モスクワの路上に、女性のおっぱいを横全面にプリントした広告トラックが出現。当然のことながら(?)、それに気を取られる男性ドライバーが続出し、1日で517件もの交通事故が発生する騒ぎとなったという。

おっぱいの前には広告が印刷されており、乳首部分は隠されている。とはいえ、かなり刺激的な広告であることに変わりはない。英デイリー・メールなどによると、移動広告を専門とする広告代理店・AdvTruck.ru社が「公共交通機関以外に、トラックの側面も新しい広告媒体であることを提案したかった」と、モスクワを中心に計30台のトラックを走らせたとのこと。“新しい広告媒体であることを提案”という目的に対しては効果てきめんだったわけだが、それによる事故の頻発は想定外。同社は今回の事故で発生した修理費や賠償金などについて、保険会社でカバーされない分を補填するそうだ。

この“事件”に関して、ツイッターでは、

「これは仕方ないよね。男なら見るだろ」

など、ハンドル操作を誤ってしまう心理に同情を示す声や、

「こりゃアカン」
「わろたwwww」
「さすがロシア…」

と、その発想と、実際にトラックを走らせてしまう行動力に驚く声のほか、

「わかりやすい…しかしこれ注目は集めたものの何の宣伝かは記憶に残らないのでは」

という意見も。

ちなみに海外では、ドライバーに注意を呼びかける工夫として、たびたびセクシーな女性を登場させることがある。たとえばチェコでは、道路脇路上にミニスカート&ハイヒールの女性警官(ただしボール紙製)を設置。だが期待とは裏腹に、通常の2倍もの事故を引き起こしてしまう結果に。

またデンマークの交通広報ビデオには、トップレス美女の標識が登場していたことがある。ドライバーの相次ぐスピード違反に対処すべく、トップレス姿の金髪美女たちが制限速度の書かれた道路標識を持って街中に立っているというもの。こちらは検証の結果、認知度アップに高い有効性が確認されたとのことで、奏功したようだ。

“男性の注意をひくためには、セクシー路線を狙う”のは世界共通。でも、路上のセクシー美女にはご用心!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト