ネット界の“旬”なニュースをお届け!

カップ麺値上げで“買い置き”必至?

2014.10.22 WED

噂のネット事件簿


買い置きする場合は賞味期限に注意したい ※この画像はサイトのスクリーンショットです
最近、カップ麺・袋麺値上げのニュースが続いている。10月上旬~半ばに発表されたのは、エースコック(「一平ちゃん」等)、ハウス食品(「うまかっちゃん」等)、まるか食品(「ペヤング」等)。例えばハウス食品は2015年1月16日出荷分から、「うまかっちゃん」を100円から105円に引き上げる。まるか食品は2015年1月1日出荷分から、「ペヤングソースやきそば」を170円から175円にするなど、7品を値上げするとのことだ (いずれも税別、希望小売価格)。

すでに日清食品、明星食品、東洋水産、マルタイなどがカップ麺や袋麺の価格変更を発表しており、「カップヌードル」「チキンラーメン」「U.F.O.」「どん兵衛」「ラ王」「チャルメラ」「マルちゃん」「長崎ちゃんぽん」などがこぞって値上がりする。円安による輸送コストや原材料費、包装資材価格の高騰などが主な理由だ。

手軽に食べられるカップ麺・袋麺といえば、ネットユーザーにとってもマストアイテム。ツイッターには、

「買い置きを仕入れに行くぞ! 」
「今のうちにカップ麺買いだめしておこうかな」
「1月に値上げするならその前に買い込んでおこう…」
「円安でカップ麺が値上がりするようなので、非常食のために買い置きをしておこうかと計画中。でも、6ヵ月くらいしか保存できなかったはずなので、どうしようか」

など、早くも買い置きを計画する人の声が多数投稿されている。なかには、カップ麺が200円前後になるということは、ほぼ食パン1斤に相当するとの指摘や、

「カップヌードルがまた値上げか・・・これでますます庶民には手の届かない高級カップラーメンになるな」
「インスタントラーメンが贅沢品になる日も近い?」

など、“庶民の食べ物”であったはずのカップ麺・袋麺が“高級品”へと変わっていくことを予感する人も。

サラリーマンにとっては、時間のない昼食や残業時の強力な味方であるカップ麺や袋麺。飲食代にかける金額も年々減ってきているなかでの値上げは、なかなか悩ましい問題のようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト