ネット界の“旬”なニュースをお届け!

新テクが話題!ドーナツセルフィー

2014.10.21 TUE

噂のネット事件簿


ここからカメラが半周すると、次には場所も表情も違う“自分”が登場 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
SNSユーザーの“自撮り”テクは年々進化している。さまざまに加工できるアプリがあるほか、自撮り用の三脚やスティックなども人気だ。そんななか、海外では自撮りで頭を半周ずつ動画撮影し、それをつなぎ合わせて作る「ドーナツ・セルフィー」が話題だ。

作成方法は簡単で、スマートフォンを右手に持って頭の左側にくっつけ、自撮り動画の撮影を開始。そこから除々に腕を伸ばして顔の前を半周させ、最後はスマホを頭の右側にくっつける。コツは、最初と最後に腕を伸ばさず、スマホを頭にピッタリつけること。YouTubeではチュートリアルや、作成例が公開されている。

また、最初と最後にスマホのカメラを頭に密着させて、画面を真っ暗にすることもポイントのひとつ。複数の動画をつなげると、よくテレビ番組で見かける“瞬間移動”をしているかのようになる。撮影ごとにメイクや背景を変えるだけでバリエーションを増やすことができ、電車のなかにいると思ったら、次には会社、そしてベッドの上、駅のホーム、パーティー会場、海辺……と次々に切り替わるユニークな作品を作成できる。火付け役となった動画は、10月14日に公開されて以来、1週間で30万回以上も再生された。

ツイッターには、

「ああ、これは面白いアイディアだ。余計な機器も面倒な技術も要らずに変わった映像が撮れる」
「頭に近づけることで暗転する。なるほどねー」
「セルフィー動画をうまく撮ると、こういう異空間動画が完成。これは凄い。ちょっとこういう動画はやってみたいなぁ」

など、アイデアを評価する人や、早速やってみたという人がさまざまな動画を公開している。

ひとつのテーマを設けて撮影しても良し、様々な自分の“表情”をつなげるも良し。自撮り好きな人はチャレンジしてみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト