心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】芸術科学都市のバレンシア・オープン

2014.10.28 TUE

激撮


画像提供:ゲッティ イメージズ(457838480/Manuel Queimadelos Alonso/Getty Images Sport)
10月18〜26日の日程で開催されていたテニスのバレンシア・オープン。写真は、観客で埋め尽くされた試合会場をとらえた一枚。25日に行われた準決勝、アンディ・マレー(イギリス)対ダビド・フェレール(スペイン)戦の試合中の模様だ。

この会場があるのは、スペイン・バレンシアの芸術科学都市。芸術科学都市とは、オペラハウスや科学博物館、水族館などが存在するヨーロッパ最大級の複合施設で、人気観光スポットとして知られている。施設は主にバレンシア出身の世界的建築家、サンティアゴ・カラトラ氏が設計。この会場(アゴラ)は2009年に竣工したイベント会場で、白と青を基調とした建物だ。印象的なデザインであることが写真からも見て取れる。

バレンシア・オープンには日本の錦織圭の参戦も予定されていたが、直前で欠場を決定。しかし、22日にはバレンシア市内を観光し、ここアゴラの前でも記念撮影を行ったようだ。

  • 注目セレブ ファッションチェック!

    最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト