サラサラストレートも夢じゃない!?

丸刈りで本当にクセ毛は治る?

2014.11.11 TUE


マッサージは、頭皮を手で押さえて頭頂部によせ集めるように動かすのがコツ。頭皮内部に刺激を与えることで層を厚くし、毛根を真っすぐ伸ばす効果がある イラスト/なかむら歌乃
「丸刈りにするとクセ毛が直る」。そんなウワサを一度は耳にしたことがあるはず。「髪の毛の状態がリセットされるから」なんて、もっともらしい理由を口にする人もいるけど、どうも嘘くさい…。そこで、国際毛髪科学研究会会長の井上哲夫さんに、ウワサの真偽をたずねてみた。

「結論からいうと、その可能性はゼロではありません」

なんと! 一体どういうことなのか。

「クセ毛の原因は大きく分けて2つです。ひとつは、もともと遺伝的に頭髪の断面が楕円形や扁平な円形になっていること。このケースでは髪の毛内部の成長成分が均一に分布していないため、伸びるに従ってねじれたり、波打ったりします。そしてもうひとつは、頭皮内の毛根自体がカーブを描いていること。本来は直毛であるはずなのに、毛穴を出る前にカーブで摩擦を受けるために、ウェーブがかかるようになるのです」

つまりクセ毛は、髪の毛だけではなく、毛根のゆがみも元凶ということらしい。しかしそれならば、丸刈りにしたからといって、髪質には関係ないのでは?

「毛根の形は、基本的には遺伝で決まりますが、何らかの理由で頭皮の層が薄くなったために毛根がゆがみ、クセ毛になるケースもあります。こういう場合は、マッサージで血行を促進し、頭皮の層を再び厚くすることで、毛根が真っすぐに伸び、クセ毛が発生しにくくなるんです。丸刈りにすると洗髪しやすくなるし、自然と頭皮が刺激を受けやすくなりますから、マッサージ効果が高まり髪質改善が期待できるはず」

頭皮マッサージによるクセ毛の矯正は、もともとは直毛だったのに最近クセ毛になった、という人に有効。もちろん効果には個人差があり、毎日3~5分間、3カ月以上は続ける必要があるとか。

「ちなみに、頭皮の層が薄くなる主な原因は、老化や頭皮の衰え。つまり後天的にクセ毛になるのは、頭髪の危険信号でもあるんです。『髪質が変わってきた』という人は要注意ですね」

そういえば、最近ねじれた髪の毛が目立つような気が…。さ、早速丸刈りにしようかな~!?
(糸数康文/Office Ti+)

※この記事は2010年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト