ネット界の“旬”なニュースをお届け!

バカになるウイルス 感染者多発?

2014.11.16 SUN

噂のネット事件簿


認知機能が低下するウイルス「ATCV-1」。今のところ感染予防法は不明 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アメリカの大学の科学者が、「人の頭を悪くするウイルス」を発見したと発表。日本からも続々と“感染者”が名乗り出ている。

世界に衝撃を与えているのは、米のニュースサイト「INTERNATIONAL BUSINESS TIMES」に発表された「人を愚かにする脳変換ウイルスを科学者が発見(「Scientists Discover a Virus That Subtly Changes the Brain to’Makes Humans More Stupid’」)」という記事だ。

これによると、米・ジョンズ・ホプキンス大学とネブラスカ大学の研究チームが本件とは別の研究を行っていたところ、ある健康な人の喉に、湖や池に存在する「ATCV-1」というウイルスを偶然発見。これが人間に感染し、なおかつ脳の認知機能に影響を与えることを確認した。

両大学の研究者は92人の健康な被験者の44%に「ATCV-1」が存在することを確認し、視覚処理における脳の精度と速度、注意力が持続する時間を測定。すると、「ATCV-1」を持つ被験者のテストの点数は、「ATCV-1」を持たない被験者より、平均で7~9点低かったという。

マウスの実験でも、認知機能の低下が確認されたこの“バカになるウイルス”は、日本の複数のサイトでも紹介され、ネットユーザーの間でも話題となっている。しかし、「認知機能が下がる」という重大な影響が現れるのにもかかわらず、ツイッターには、

「エボラより重大じゃないか?」
「人類最強の敵はウイルスや細菌だってのは本当だったのか!」

といった深刻な反応はごく少数。残りの大半は、

「俺100%これに感染してるorz」
「あ~俺これに感染してますわ!!」
「ああやっぱな、俺ある日を境にバカになったと思ってたんだわ」
「私の頭悪いのこれのせいだわー私悪くないわー」

など、自称・バカウイルス感染者ばかり。情報の信憑性が疑われているのか、バカになることに抵抗がないのかは不明だが、バカウイルスの発見は、現状では“ネタ”として扱われているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト