ネット界の“旬”なニュースをお届け!

YouTube有料で広告ナシに

2014.11.14 FRI

噂のネット事件簿


YouTubeの新機軸「Music Key」。「広告を飛ばせる」がサービスになるとは… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
動画サイトのYouTubeが11月12日(米現地時間)、広告やバナーなどが一切表示されない新サービス「YouTube Music Key beta」を発表。動画視聴が快適に楽しめるのではと、期待の声が集まっている。

YouTubeで動画を視聴しようとすると、「この広告は○秒後にスキップできます」という表示が登場したり、スキップすることのできない15秒のCMを見ることを強いられたりすることがある。今回発表された新サービスは、こうしたCMが一切登場せず、なおかつオフラインでの動画の視聴が可能となるもの。YouTubeの音楽コンテンツやビデオ、さらにGoogle Play Music の公式楽曲ライブラリ 3000万曲以上が、広告なしで好きなだけ聴けるようになる(日本では利用不可)。

YouTubeの広告がネットユーザーに歓迎されていないことは、ツイッターをみれば一目瞭然だ。Yahoo!リアルタイム検索で「YouTube 広告」で検索すると、

「youtubeの広告、5秒でみんな絶対切るんだから初めから5秒のにすればいいのに」
「youtubeがアフィリエイト系の2分に渡る飛ばせない広告見せてきて絶句ですわ」

といったツイートが次々とヒットする。

新サービスへの加入は、当面はYoutube側からの招待制で、使用料は月額9.99ドルとなっている。日本でのサービス提供は未定だが、ツイッターユーザーからは、

「私は、月10ドルなら払います」
「招待してくれw」

といった声も登場。ライバル動画サイトの「ニコニコ動画」のプレミアム会員(月額540円)は200万人を超えており(2013年9月末)、YouTubeの新サービスも受け入れられる可能性は十分にありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト