すすはらい、正月かざり、忘年会…

お年玉は餅だった?新年トリビア

2014.12.17 WED


鏡のような形だから鏡餅呼ばれるという説も イラスト/ホリユウスケ
屠蘇から始まる新年行事。昔の年齢の数え方は正月ごとに1つ歳を重ねる「数え年」。だから余計に正月がありがたいものだったという。現代社会ではすべて完璧にこなすことは難しいものの、知識として覚えておきたいもの。そんな新年行事の意味を改めて確認してみよう。

●1/1 元旦・年祝い
元旦に、家の皆で年の始めを祝う。井戸や川から汲んだ屠蘇(とそ)を飲んで体を清めるのが「年祝い」の本来の作法だ。水でたてた福茶と屠蘇は盃を三口で飲み干すことで、一年の邪気を払うとともに、寿命を延ばすといわれる。現代では除夜の鐘を聞いた後にすぐ初詣に行く人も多いが、本来は家中でこうしたお祝いをして歳神を祀ってから、外出することが望ましい、とされている。

●1/1~ 初詣
その土地の「氏神」に新年のご挨拶
歳神を祀る「年祝い」に対し、土地の神に参拝し、新年の無事や地域の平安を祈願するのが初詣。有名な社寺の大行列が必ず話題になるが、まずは家の近くの氏神やその年の恵方にあたる方角の社寺を詣でるのが旧来の習わし。

<お年玉の由来>
歳神の御魂である「年魂」に由来子どもに配るお年玉。その語源は「年魂」といい、もとは歳神の御魂分けのことを指していた。神仏の加護を得るため、歳神に供えた小餅を配ったことがそもそもの成り立ちとされる。

●1/7 松の内
農村部では15日まで飾っておく地域も
一般的には、正月の松飾りを飾っておく期間を「松の内」と呼ぶ。江戸時代以降、7日までを松の内とする地域が多くなったが、15日の小正月まで飾っておくのが本来の姿。実際、農村部などを中心に15日までを松の内とする習慣が今も残っている。

●1/15 小正月・とんど
とんどで締める、正月の「事じまい」
元日の「大正月」に対し、1月15日は「小正月」と呼ばれる。この日、神棚に供えた鏡餅を割って食べると、年祝いを重ねたことになるといわれている。また「とんど」は小正月に行われる火祭りとして、今も各地に残されている。このとんどをもって、「事じまい」とするのが、本来の正月の在り方。

<とんど焼>
正月の飾り物を焚き上げる「とんど」。どんど、左義長など他にも様々な呼び名がある

風習監修:神崎宣武(かんざき・のりたけ)
1944 年生。民俗学者。旅の文化研究所所長。国内外の民俗調査、研究に従事。文化審議会委員も務める。著書に『しきたりの日本文化』『47 都道府県・伝統行事百科』『神さま仏さまご先祖さま』『江戸の旅文化』などがある

※この記事は2013年12月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト