富士山はやっぱり名所だった!

日本一の「初日の出」スポット集

2014.12.25 THU


日の出の時刻とは、太陽の上端が地平線・水平線に一致する瞬間のこと。日の出を早く拝むには、山やビルのない場所を選ぶのがコツだ
元旦といえば初日の出。美しい初日の出を拝めると、なんだか縁起の良い気分になるものだ。せっかくならばちょっと特別な初日の出で新しい年をスタートしたい!という人のために、様々な「日本一」の初日の出スポットを調べてみた。

まずは「日本一早い」初日の出スポット。海上保安庁によると、日本の国土で一番早い初日の出が見られる場所は、小笠原諸島の南鳥島で5時27分。しかし、南鳥島は民間人の立ち入りができないため、初日の出を見るのは難しいのが実情だ。民間人が定住している場所では、小笠原の母島の6時20分が次いで早い。離島以外では富士山頂の6時42分が早いが、厳しい冬山を登頂するのは至難のワザ。山頂や離島を除き、誰もが気軽に行ける平地に限ると、千葉県の犬吠埼の6時46分がもっとも早い初日の出スポットといえそうだ。一方「一番遅い」初日の出は、日本最西端となる与那国島の7時30分。南鳥島と2時間ほども差があることを考えると、日本の意外な広さに驚かされる。

ちなみに、初日の出の時刻は標高が高い場所ほど早くなる。本島でもっとも早く初日の出が見られる富士山頂は「日本一高い場所」にある初日の出スポットでもあるのだ。また、「日本一高い“建造物”」である初日の出スポットといえば、いわずと知れた東京スカイツリー。高さ450mの天望回廊からは、スカイツリーのある墨田区の地上より4分早い6時46分に初日の出を見ることができる。これは平地で一番早い犬吠埼と同時刻。

このほか、気象庁によると日最低気温平年値で1月1日に「日本一温かい」場所は南鳥島の21.0℃、「日本一寒い」場所は富士山の-20.6 ℃。日本のシンボル・富士山は「早い」「高い」「寒い」の三冠を制する初日の出の名スポットといえそうだ。

1年の計は元旦にあり。日本一の初日の出でゲン担ぎしてみては?
(有栖川匠)

※この記事は2013年12月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト