ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「パンケーキは女子の二郎」に納得

2014.12.02 TUE

噂のネット事件簿


一大ブームを巻き起こしたパンケーキ。女性にとって「二郎」的存在だったとは…!
ツイッターで、“「パンケーキ」は女子にとって、「ラーメン二郎」のような存在なのではないか?”という説が登場。この説は共感を得て、「パンケーキは女子の二郎」という言葉が名言だと称賛されている。

事の発端は、あるツイッターユーザーが、11月27日に投稿した「パンケーキは女子の二郎…」というツイート。“二郎”とは、東京・三田本店を中心として展開するラーメン屋「ラーメン二郎」のこと。濃厚な味とボリュームの多さが有名で、そのラーメンは“中毒性”が高いといわれ、熱狂的なファンは「ジロリアン」とも呼ばれている。

二郎とパンケーキはともに、カロリーたっぷりの”ダイエットの敵”な食べ物でありながら、時折無性に食べたくなることや、熱心なファンによる店の前の長い行列っぷり、またトッピングが大盛りの姿が似ており、「パンケーキは女子の二郎」という言葉は、相当の説得力をもっている。この言葉について、たちまちツイッターで、

「納得せざるをえなかった」
「名言として広めていきたい」
「あはははは、確かに似てるかも。炭水化物と脂分のかたまりなとこも」

などと、共感を得ながら拡散した。

そして、ツイッターには早速、パンケーキバージョンの「呪文」が多数登場。「呪文」とは、「ラーメン二郎」でヤサイ、ニンニク、アブラなどのトッピングの注文コールのことで、「ニンニクマシマシヤサイアブラマシ」などと唱えることが“呪文”のように聞こえることから、そう呼ばれている。ツイッターには、

「なるほどwwwイチゴ、クリームましましwww」
「フルーツ・カラメル、ホイップマシマシ」
「アサイー、ハチミツ、ホイップマシマシ」
「ホイップマシマシ」
「生クリーム、チョコレートソースましまし、みたいな(笑)」

などのコメントが登場しているのだ。

“女性がパンケーキ屋に大行列をつくる理由がわからない”という男性は、二郎ファンのことを思い浮かべると、少しは理解できるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト