ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Yahoo!検索大賞は羽生選手!

2014.12.08 MON

噂のネット事件簿


自分でも自分のことを検索しているという羽生選手が大賞受賞 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月8日、Yahoo! JAPANが新アワード「Yahoo! 検索大賞」を発表した。これは今年から新しく開設された賞で、1年間でYahoo! 検索における検索数がもっとも急上昇した人に、“今年の顔”として賞を授与するもの。Yahoo! JAPANは、「まさに国民が選んだともいえる民意性の高い賞」と位置づけている。

「Yahoo! 検索大賞」で大賞を受賞したのは、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手。「パーソン」カテゴリーでは羽生のほか、市川海老蔵、石原さとみ、日本エレキテル連合、HIKAKIN、橋本環奈、筧美和子、SEKAI NO OWARIが受賞。

「カルチャー」カテゴリーでは『妖怪ウォッチ』『アナと雪の女王』『ルーズヴェルト・ゲーム』『花子とアン』『モンスターストライク』の5作品、「プロダクト」カテゴリーでは、「八雲もち」「アーモンド効果」「レイコップ」などが受賞した。

なかでも、YouTubeにアップした動画から得られる広告収入だけで生計を立てているYouTuberのHIKAKINは、

「このメンツの中に入れて光栄です!ありがとうございました!」

とツイートし、喜びを表している。同じくYouTuberのマックスむらいからも、

「すごい!おめでとうございます!!」

とお祝いの言葉がツイートされるなど、ネット上での注目度の高さがうかがえる。

ちなみに、各社が様々な形で“今年の顔”をフィーチャーしている。まず、人形メーカー「久月」が毎年発表している、“今年の話題の人”をデザインした「変わり羽子板」。今年は、錦織 圭選手、日本エレキテル連合、May J.&松たか子&神田沙也加らが羽子板に。また、12月7日放送の『行列のできる法律相談所 今年の顔が大集結!スペシャル』(日本テレビ系)には、ふなっしー、橋本環奈、日本エレキテル連合、尾上松也、DJ KOOらが「今年の顔」として登場した。

これまでも様々な形で「今年の顔」が発表されてきたが、なかでもYahoo!検索大賞は、検索数という客観的な指標を用いている点で、新しいと評価軸といえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト