ネット界の“旬”なニュースをお届け!

FBがつないだクリスマスのイイ話

2014.12.17 WED

噂のネット事件簿


Facebookで紹介されたカニンガムさんの写真。「Humans of Ireland」では、アイルランドに暮らす人々の写真を多数公開している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Facebookが、とあるホームレスの“クリスマスの夢”をつなげたとネットで話題となっている。

アイルランド・コーク州で、ホームレスとして暮らしていたジョージ・カニンガムさん。そんな彼に出会った写真家のリー・ファーロングさんが、アイルランドの人々の生活を紹介するサイト「Humans of Ireland」および同サイトのFacebookで、海のそばに佇むカニンガムさんの写真を掲載。あわせて「あちこちを転々として暮らしてきたが、今唯一の願いは、クリスマスディナーを食べる場所を見つけること」というカニンガムさんの言葉を紹介したのだ。

すると、これを見たネットユーザーたちから「ホテル代を支払う」「家に招待する」などの申し出が続出する事態に。そんななか、彼を知っているという人が現れる。ネットユーザーたちや近隣住民の協力とファーロングさんの仲介で、ダブリンにいるカニンガムさんの妹と連絡を取ることに成功。家族との再会と、念願だったクリスマスディナーの約束をしたという。Humans of Irelandによると、妹とは12年間音信不通だったそうだ。

このネットがつないだ“クリスマスの夢”は海外メディアにも多数取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。カニンガムさんの写真を掲載したHumans of IrelandのFacebookページには、

「Great to hear this man will have a love Xmas with family..(家族とともにあたたかいクリスマスを過ごせそうで、良かった…)」

と、カニンガムさんの願いが叶ったことを喜ぶ声や、

「Nice to see so many helpful people(親切な人がたくさんいて良かった)」

など、ネットユーザーがつないだ絆に心があたたまるという声が投稿されている。

カニンガムさんにはもちろん、ネットユーザーたちにとっても、思いがけないプレゼントになったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト