ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ワキ毛染め女子」流行る?

2014.12.16 TUE

噂のネット事件簿


満面の笑み。オシャレを楽しむデスティニー・モレノさん ※この画像はサイトのスクリーンショットです
海外サイト「ニューヨーク・ポスト」などが、にわかにアメリカでトレンドとなっている“ワキ毛を染める女性たち”のことを紹介し、日本でも話題になっている。

発端は、シアトルの美容師、ロキシー・ハントさんのブログ。同サイトなどによると、同僚の青い髪を強調するための遊び心ある方法を探していたハントさんは、ワキ毛を髪の毛と同じ色で染めることを思いついたのだという。

ハントさんがこれを“ワキ毛の染め方”としてブログで紹介したところ、記事は3万5000回以上シェアされた。その後、記事に影響された女性たちが自分のワキ毛を染め、SNSに投稿し始めたのだ。黄色やホワイトなど、ファッションや髪色に合わせたカラーリングをする女性が続出。なかでも、17歳の高校生、デスティニー・モレノさんは、YouTubeに青く染めたワキ毛を披露した動画を複数公開し、合計18万回以上再生されている。

ハントさんいわく、「ワキ毛をどうするかは個人の自由だ」。その後、ワキ毛を染めるだけでなく、エクステを着けてオシャレに整えることを提案する人も登場している。このブームを知った日本のツイッターでは、

「ワキ毛染めるとかあかんやろ( ̄▽ ̄)笑」
「えええっ!Σ( ̄□ ̄;)ワキ毛は萎えるわぁ…」

と驚きの声が上がる一方で、

「ワロタ 高校の頃に流行れば楽でいいのにって冗談で言ってたの実現しやがった」
「正直いつか来るとは思ってた」

という声もあるほか、

「女性がワキ毛を剃らなければいけない、という論に対し、ただワキ毛を生やして異を唱えるのではなく、染めることで印象を上げようとしているのが良い。
社会を変えるにはこういうのが必要」

という意見も。

そういえば、以前レディー・ガガもワキにエクステを着けていたことが話題になった。時代とともに価値観は変わるもの。日本では、「女性のワキ毛」は男女ともに“気になるムダ毛”のトップに君臨するが、“ワキ毛染め”がオシャレの一環となる日がくるか、どうか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト