ネット界の“旬”なニュースをお届け!

TV選挙特番のツイートめぐり物議

2014.12.16 TUE

噂のネット事件簿


愛美ちゃん目当てで番組を見たファンも多かったもよう ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月14日、衆議院議員選挙の投開票が行われた。各テレビ局は報道特集を組んだが、その際、画面脇にTwitterで投稿された“人々の声”を紹介するスタイルをとった番組も多かった。だが、投稿の拾い方には各社で異なり、マスメディアに不信感を持つTwitterユーザーたちの間でさまざまな憶測を招く事態に。

その象徴ともいえるのが、フジテレビ系ニュース番組の『FNN』(フジニュースネットワーク)でピックアップされたツイートをめぐるTwitterユーザーたちの反応だ。一例をご紹介しよう。

「中国と韓国との領土問題を解決してほしい」

これはあるTwitterユーザーによる投稿。だが、投稿をしたアカウントを実際にみてみると、「鍵付き」になっている。“鍵付き”のアカウントの投稿を拾うには、同番組の公式アカウントと相互フォローしていなければならない。だが、このアカウントのフォロー数はわずか2人のみ――ということは“やらせ”ではないか?とツイッター上で物議をかもしたのだ。しかし、この件はその後、投稿したという人が「アカウント名の記載ミス」を指摘。1文字違いの別アカウントだったことが判明し、疑いは晴れた。

一方で、こんなケースもあった。

“作り立て”と思われるアカウントからの初ツイートが番組で取り上げられたことに“やらせ”疑惑の眼差しを向けるTwitterユーザーが登場したのだ。たとえば、

「あーおもしろくない。
何のための選挙だったんだ。」

というツイートもそのひとつ。この投稿をしたアカウントにとって、これはいわゆる「初ツイート」だった。“選挙”をキーワードに検索して探す方法はあるが、これではツイート数が多過ぎる。ということは、一般的に考えると、このツイートが番組スタッフの目にとまる可能性はかなり低い。にもかかわらず、番組内でピックアップされたことに、Twitterユーザーたちから不信感をもたれてしまい、

「ほとんど自作自演と改竄ツイートだった疑惑」
「直ぐにバレる自作自演w」

などと疑いをかけられたのだ。もちろん“偶然”の可能性も十分にあるが、違和感をいだいたTwitterユーザーは少なくなかった様子。

そのほか、同番組のハッシュタグ「#fnnsenkyo」がないツイートを拾ったり、反対に選挙当日の初ツイートから、すべての投稿に「#fnnsenkyo」ハッシュタグがついているアカウントのツイートを拾ったり、同じツイートを何度も表示したりといったことが散見されたことも、Twitterユーザーたちが不信感を募らせる原因になった模様。

ちなみに「初ツイートが採用される」という指摘は日本テレビの特別番組に対してもあったが、それと対局のスタンスで注目を集めたのがTOKYO MX。同局では、特番コメンテーターに声優・愛美さんを起用し、ツイートは「放送上不適切な書き込み以外は掲載する」という荒業に出た。すると画面には、

「あいみん可愛い」
「ゆるゆりなちゅやちゅみ好評上映中」
「グリザイアの果実はよ上映せい」

など、選挙とはまったく関係のないアニメファンからの投稿が相次ぎ、それを見て面白がるTwitterユーザーたちも多かったようだ。

昨今、マスメディアに不信感をもつネットユーザーは多いが、ピックアップされるツイートひとつにも、Twitterユーザーたちは敏感に反応している。制作サイドとしては、痛くもない腹を探られるくらいなら、いっそTOKYO MX方式のしたほうがいいのかも…?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト