ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「Sのみ」で浮き彫りポテト人気

2014.12.18 THU

噂のネット事件簿


17日からSサイズのみの販売となるマックフライポテト ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本マクドナルドは12月15日、原材料の安定的な調達が難しいとして、12月17日から「マックフライポテト」をSサイズのみの販売とすることを発表した。また「バリューセット」や「昼マック」といったセットメニューついても、ポテトをMサイズからSサイズに変更し、価格を50円下げて販売する。

原因は、アメリカ西海岸での港湾作業員と船会社の労使交渉が長期化し、アメリカからのポテトの輸入が滞っていること。読売新聞によると、マクドナルドのポテトは100%アメリカ産で、平常時は月1万トンを輸入している。今月末までに1000トンを空輸し、アメリカ東海岸からは1月下旬までに船便で1600トンを緊急輸入するとのことだが、常時の供給からは程遠い状況だ。

これを受け、アメリカからの安定的な原材料調達ができるようになるまで、ポテトはSサイズのみの販売という結論に至ったのだ。西海岸の労使交渉の動向次第では、長期化する可能性もあるという。

マクドナルドのポテトといえば、言わずと知れた人気メニュー。ネットユーザーたちは予想もしなかった展開に、大きなショックを受けている。ツイッターでは、

「へー。そうなんだ。。。ポテトはマックのが一番好きなのになぁ。。。Sだと物足りない。。。」
「ちょまってマクド ポテトSだけてほんまなん? え、まじでむりやねんけど。
世界で1番ポテトすきやのに」
「マックのセットのポテトがSになるとか最悪でしょ」

などと、マックのポテト愛好者たちが、ひどく落胆している様子。

また、Sサイズのみとなる前日の12月16日には、

「明日からしばらくの間ポテトSサイズしか販売しないらしいからLサイズ食べておこう」
「明日からしばらくマックポテトがSサイズのみになるから今日Lサイズ食べて帰ろうかな(*・ω・)」
「ポテトSだけになるからL買ってきたー∠( ’ω’)/」

と、しばしのお預けとなるポテトのLサイズを堪能するネットユーザーも続出していた。

とにかく多くのネットユーザーがショックを受けていた今回の「Sサイズのみ販売」の措置。しかし、同時にマクドナルドのポテトがいかに愛されているかということも浮き彫りになったといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト