ネット界の“旬”なニュースをお届け!

首相動静 ツイッターで話題の理由

2014.12.21 SUN

噂のネット事件簿


政治に厳しい目を向けるべき立場のマスコミ幹部が首相と会食。勘定は割り勘? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
大手新聞に掲載されている12月16日の首相動静の記事が、ツイッターで話題になっている。

朝日新聞の「首相動静」、読売新聞の「安倍首相の一日」、毎日新聞の「首相日々」、産経新聞の「安倍日誌」など、大手各紙でタイトルは異なるが、首相が何時にどこからどこへ移動し、誰と会ったかを伝える欄が設けられている。

話題となっているのは、16日の首相の動静を伝えた朝日新聞の記事だ。この日、安倍首相は東京・西新橋の寿司店で夕食を食べたが、そこに同席したのは、時事通信の解説委員、朝日新聞の編集委員、毎日新聞の特別編集委員、読売新聞の論説主幹、日本経済新聞の常務、NHKの解説委員、日本テレビの解説委員長の7人。マスコミの幹部ばかりだ。

この出来事についてツイッターには、

「大手メディアの編集委員・解説委員が一堂に会して首相と食事。異常すぎないか?」
「マスコミは政府と対峙して行くべき」
「今後は、ここに名前の挙がってないマスメディアこそが、信頼できるマスメディアということになるだろう」

と、問題視する意見が殺到し、朝日新聞の記事のツイッターでの引用数は2300件を超えた。

首相とマスコミ幹部が会食することは、何ら禁じられているわけではない。また、どのような趣旨の会合だったかも明らかにはなっていない。それでも衆議院議員選挙の投開票日の翌々日というタイミングで、首相がマスコミ幹部と夕食を共にしたことで、首相および大手メディアに不信感を抱いた人は多かったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト