ネット界の“旬”なニュースをお届け!

電車実況「遅延なう」に注目

2014.12.22 MON

噂のネット事件簿


ユーザーのリアルタイムな遅延状況を知ることができる「遅延なう」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Yahoo! JAPANが12月18日、スマートフォン向けの「Yahoo!リアルタイム検索」アプリに、「遅延なう」の機能を追加した。ツイッター上の投稿から、電車の遅延や運休情報に関するコメントをリアルタイムに抽出し、ユーザーに運行状況の“実況コメント”を通知する。設定により、プッシュ通知させることも可能だ。

路線は日本全国を網羅。運行情報を知りたい路線を最大5件まで登録できる。リリース後、ツイッターでは、

「やはり速報性はTwitterだよね。良いサービスだなぁ」
「アプリは入っていたので路線を登録してみたがなかなか良さそう」

などと好評で、早速登録してみた人も多かった模様。月曜日である12月22日に、「遅延なう」を見てみると、例えば7時55分に京急本線で「電車遅延」。さらに詳細をみると、

「京急蒲田駅で救護活動を行った影響で、一部列車に遅れが出ています(12月22日07時55分掲載)」

という、ツイッターアカウント「全国鉄道運行情報」によるツイートのほか、

「京急線遅延といいつつほぼ時刻通りに乗り換えできたからいけるやんと思ったら全く動かなくなったおわた」
「京急線遅れてる影響で京浜東北線すし詰め…」

などと、他路線との接続状況や遅延の影響など、各ユーザーからの“実況”を見ることができる。

ツイートは“遅延”と“(編集註:運転)再開”に関する各投稿件数のほか、何時台にツイートが急増しているかという分析グラフもある。ツイートが沈静化すれば、「遅延情報はありません」というメッセージが表示される。

特定の路線の情報だけでなく、乗り換え先のリアルタイムな状況などがわかるだけに、便利な機能としてこれから活躍してくれそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト