好みのハンバーガーで性格診断!

「○○バーガー好き」は浮気性?

2015.01.11 SUN


1989年に誕生した「てりやきマックバーガー」。ポークパティを日本ならではの「てりやき」風味に仕上げた人気メニューだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
小腹が空いた時につい食べたくなるのがハンバーガー。東京・銀座の三越1階に日本マクドナルド1号店がオープンしたのは1971年。以来、40年以上にわたってハンバーガーは我々の食生活と切っても切れないファストフードとして定着してきた。

とはいえ、“マック”のハンバーガーの中で一番好きなメニューとなると意見は分かれる。そこで今回、編集部では25~34歳の男性108人にアンケート調査を行い、TOP10は以下のような結果になった。(※好きなハンバーガーを2つまで挙げてもらい、結果を集計。アイリサーチ調べ)。

●マクドナルド「好きなハンバーガー」ランキング
1位「てりやきマックバーガー」(32人)
2位「ビッグマック」(20人)
3位「えびフィレオ」(19人)
4位「ベーコンレタスバーガー」(17人)
5位「フィレオフィッシュ」(16人)
6位「ハンバーガー」(15人)
7位「チーズバーガー」(14人)
8位「ダブルチーズバーガー」(11人)
9位「チキンクリスプ」「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」「レタス&ペッパーバーガー」(各9人)

栄えある1位に選ばれたのは、やはり日本ならではというべきか、和風テイストの一品。ポーク肉とショウガを効かせた和風ソースのコンビネーションが圧倒的な支持を受けた。

2位にランクインしたのは看板メニューの「ビッグマック」。これは順当なところだが、やや意外だったのは3位の「えびフィレオ」。えびのプリプリとした食感を好む女性は多いが、どうやら男性もお気に入りの様子。ただ、2位から9位までは、いずれもほぼ1~2票の僅差。まさに十人十色といった様相だ。
 
ちなみに、回答者の属性や趣味嗜好によってハンバーガーの好みを分析したところ、不思議な違いも見えてきた。

たとえば、「彼女の有無」と「好きなハンバーガー」の関係。「彼女がいる」と答えた人は「チーズバーガー」「ダブルチーズバーガー」を支持する割合が高い。チーズのようにとろける恋をしているからだろうか。一方で、「彼女がいない人」が一番好きなメニューは「チキンクリスプ」だった。“チキンハート”ゆえに思いきってアタックできないのかも…と勘ぐりたくなる。

ちなみに、「ダブルチーズバーガー」が好きと答えた人のほぼ全員が、「恋愛では一途」だと回答している。逆に「浮気性」の人には「レタス&ペッパーバーガー」の人気が高い。

次に、服装の趣味。「派手好き」の人は意外にもシンプルな「ハンバーガー」がお好みだった。ファッションを最優先するために、常にダイエットを意識している? 一方、「地味好き」な人は「ビッグマック」や「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」などボリュームたっぷりのメニューを支持している。

ひょっとしたら、好きなハンバーガーを聞けば、性格診断できるかも?
(石原たきび)

※この記事は2013年1月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト