ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ノーパンツデー」日本に根付く?

2015.01.13 TUE

噂のネット事件簿


寒さと恥ずかしさに打ち勝つ勇気が必要…!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1月11日は「No Pants Day」。ズボンやスカートをはかないというイベントデーで、ツイッター上では、ズボンを身に着けていない人の様々な画像が投稿された。

「No Pants Day」は、もともと米・ニューヨークを拠点に活動するパフォーマンス集団「Improv Everywhere」が、2002年に“ズボンを脱いで電車に乗る”というイベント「No Pants Subway Ride」を開催したことが発端。ポイントは、下半身が下着一枚であっても、何食わぬ顔でいることだとか。

このような、ズボンを脱ぐイベントはすでに世界各都市に広がっているところ。今年は日本でも、パーティークリエイター・afromanceと、企画などを行う・Happiness Archtectがコラボレーションしたクリエイティブユニット「Afro&Mo」が、ツイッター上に「#ノーパンツ」というハッシュタグを付けて、ズボンを脱いだ画像の投稿を呼びかけた。

実際にツイッターで「#ノーパンツ」を検索してみると、

「ふむ、つまりこの格好で外を闊歩するということか。…寒いわ!!! 」
「今日はノーパンツの日!!!
という事で私もノーパンツやってみました」
「ミッション完遂☆」

など、実際にやろうとしたり、やってみたりしたという報告が画像とともに投稿されている。一方で、

「日本でやると警察のお世話になりそう」
「警察は平気なん?w」

と心配する向きもあるが、もちろん公序良俗に反しないよう気を配ることが今回のイベントのルールとされている。

「たまに素晴らしい美尻のお姉さんがいたりするので見守りたい。また、男性参加者は上半身と靴を完璧にコーディネートするとノーパンツ効果が高いと思われます。上品な感じにすればするほど、ギャップウケするかと」

など、より盛り上げるためのアドバイスなども登場しており、日本でも恒例のイベントとして定着するか、注目だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト