腰痛、肩こりも解消する!?

オーダーメイドインソールの実力

2015.02.09 MON


足の画像をスキャンして、ぴったりの形にインソールを作ってもらえる。作成する際は事前に予約が必要となる。
春は新しい気持ちで服や靴を新調する人も多いのでは? ビジネスマンに欠かせない革靴だが、スニーカーなどと比べて疲れやすいもの。そこで、好きなデザインの靴を選んでも、履き心地を改善できるインソールに注目。オーダーメイドのインソールやシューズを扱うドクターフットウォーキングの與那嶺(よなみね)茂人さんに効果のほどを聞いてみた。

「体を支える足の裏は、縦と横のアーチでできています。昔は、柔らかい土の上やごつごつした岩の上を裸足でつかむようにして歩いていたのですが、現代ではアスファルトの上を、硬くて平らな革靴を履いて歩くことが増えました。そのため、足のアーチが保たれず、扁平足や外反母趾になりやすいのです。力のバランスが崩れて疲れやすくなり、腰や肩の痛み、体のゆがみなどにもつながります。その点、オーダーインソールは、足の形に合わせてアーチをサポートしてくれるほか、正しい筋力を付ける助けにもなります。代謝も上がりますよ」

市販のインソールでも、柔らかいタイプなら疲れにくくなる効果もあるとのこと。ただし、柔らすぎるベッドが腰を痛めてしまうように、毎日履き続けるとかえって足が疲れやすくなる可能性も。一方で、硬いものを選ぶと、足に合わず疲れやすくなったり、腰などの痛みにつながる場合もあるという。

ならば自分にぴったりのオーダーインソールを作って試してみたいと、測定して作ってもらった。まずは裸足になって足の裏の画像をスキャン。次に、かかとの下に支えを置いてつま先立ちになり、左右の長さの違いを見極める。最後は、最新機器というフットアナライザーで重心の位置を測定。ちなみに、私は左足の方が短く、重心が前に偏りがちだった。

20~30分でインソールができあがり。貼り付ける前に簡単なウォーキングのレッスンを受ける。「インソールの良さを最大限に引き出すには、歩き方も大事です」とは同店のドイツ整形外科くつ技師、オリバー・スピッツさん。

靴ごとに形が違うので、1足につき5250円(!)がかかってしまうものの、「一番よく履く靴で試してみて、その効果を見ながらほかの靴に入れていけばいいと思いますよ」(與那嶺さん)とのこと。インソールを入れた靴を履くと安定感があり、確かに歩きやすい。ほかの靴を履いたときに、少し心許なく感じるほどだ。疲れやすい、腰が悪いなどの悩みがある人は、まず一度相談に行ってみるといいかも!

※この記事は2013年2月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト