ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「物乞い行為」で逮捕に驚きの声

2015.02.26 THU

噂のネット事件簿


誰しも一度ぐらいは「誰かお金下さい」という状況になることもあるが…
動画配信サイトで「お年玉を下さい」という動画を配信した男性が軽犯罪法違反の容疑で書類送検され、他人から金品を乞う行為が犯罪にあたることに驚きの声が寄せられている。

この男性は今年1月6日、香川県高松市の高松駅前からニコニコ生放送で動画を配信。放送内で「お年玉をこのカップに入れてください」と、視聴者に金品を乞うた。すると、これを見た視聴者に通報され、軽犯罪法違反の容疑で書類送検された。件の動画を見ると、男性が警官に職務質問をされる光景が収められており、警官の注意に従ってカメラをしまうところで配信は途切れている。

男性が書類送検されたのは、軽犯罪法第1条の「こじきをし、又はこじきをさせた者」に触れたもの。“物乞い”という行為は、あまり褒められたものではないが、これが犯罪行為にあたることは多くの人にとって驚きだったようで、

「こういう法律があるの、初めて知った」
「物乞いって法律で禁止されているんだ…」
「びっくり!日本では物乞いしたら逮捕されるんですね」

といった声があがっている。そして、

「Amazonほしい物リストやWeb投げ銭との境目が気になるところ……」
「物乞いの定義が良くわからないな~。募金活動やらお願い営業は物乞いじゃないのか?」
「坊さんは宗教やからええのんか」
「カンパ募集はよくあるけど違いはなんだろう?」
「ハロウィンの日にお菓子くれって言うのは物乞いにならないのかな」
「口座晒してカンパを募ってる人がいるけど、それは大丈夫なんだろうか?」
「寄付と物乞いをどう区別すればいいのでしょうね。知らないだけで、明確な基準があるのでしょうか」

など、「物乞いの定義がよくわからない」との指摘が多数登場。書類送検された男性はツイッターで反省の弁を述べているが、物乞いが犯罪行為にあたることに、違和感を覚えた人は少なくなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト