韓国では大ブーム?

「手相整形」の不思議な世界

2015.03.04 WED


手相整形のbefore(右)とafter(左)。これは濃くはっきりとした運命線、金運線、太陽線が同じポイントで交わっており、韓国では“最強の手相”といわれているもの 画像提供:湘南美容外科クリニック
日本人が大好きな手相占い。女性誌では、「理想の手相をペンで書いちゃえ☆」「金運手相を作るハンドマッサージ術◎」といったお茶目な記事も見かける。

ところが、お隣の韓国はもっとすごい。運気を上げるための「手相整形」が流行っているというのだ。最近では、「韓国の若い男女の70%が『将来プラスになるなら手相整形をする』と答えた」というニュースが海外のメディアで話題になった。

うーん、それはどのような施術なのか。日本で唯一、「手相手術」をメニューに掲げる湘南美容外科クリニック新宿本院・松岡孝明医師(35歳)に話を聞いたところ、「専門は豊胸やバストアップなんですけどね」と前置きしながらも、こんな話をしてくれた。

「2年ぐらい前に手相を見てもらったら『天下取りの線といわれる覇王線がある』と言われたんですよ。それをなにげなくクリニックのブログに書いたら、『手相整形はできるのか』という問い合わせが来るようになって(笑)」

施術自体は難しくないという。

「手は傷の再生能力が高いので、普通に切ってもすぐに治っちゃうんです。だから、電気メスを使って、熱を与えながら手のひらを焦がす。医療用語で“挫滅(ざめつ)”というんですが、要するに人工的にしわを作るんですね」

10分程度で簡単に終わり、費用は10万円程度。術後は少ししびれが残るが、1カ月ぐらいで違和感はなくなるそうだ。松岡医師は、これまでに20例近くを執刀。クリニックのホームページには、「今後の人生がどう変化していくのか楽しみです!」(41歳・女性)といった体験談も寄せられている。

「覇王線や金運線を作ってほしいというリクエストも多いですが、女性はやはり恋愛線や結婚線ですね。なかには、『来年結婚できるような長さにしてほしい』という人もいました」

その後の効果まではさすがに調査していないそうだが、金運線を伸ばした人から『高額の宝くじに当たりました!』というお礼のメールが届いたことはあるという。(もちろん相関関係はわかりませんが)。

なるほど、宝くじは別としても手相を変えたことによって自信が付き、結果的に人生がよい方向に転がることはあるのかもしれない。とはいえ、松岡医師によれば、「日々の手の使い方によって手相は少しずつ変わる」とのこと。しかし、手術までして手相を変えようと望むとは…。世の中には、いろいろなことを思いつく方がいるもんですね。
(石原たきび)

※この記事は2013年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト