古着系森ガール、清楚系コンサバ女子…

女子のタイプ別 鉄板デートコース

2015.03.10 TUE


落合さんいわく、どのタイプにも万能なデートエリアとしてお薦めなのが、横浜エリア。「水族館と遊園地の合わさった横浜・八景島シーパラダイスや、みなとみらいや中華街など選択肢もたくさんあるので、多くの女性の希望を叶えられそう」というのがその理由 写真提供/株式会社横浜八景島
気になる女の子と、いざ初デート! でも、女の子のタイプによって“鉄板コース”って異なりますよね!? となると、初デートの計画って何を基準に考えていけばいいのやら…。

「初デートのプランニングは、女の子のタイプに応じて、王道を選んだり、意外性を混ぜたりといった工夫が大事だと思います」

そう話すのは、東京デートナビ代表で“デートマスター”の落合宏樹さん。相手の好みに合わせて考えることが基本だけど、そのうえで女性のタイプを「ギャル系セクシー女子」「古着系森ガール」「清楚系コンサバ女子」「カジュアル系ナチュラル女子」の大きく4つに分けて考えると、初デートの正解が見つけやすいとか。では、それぞれの“正解”スポットはどこなのでしょう?

「比較的ノリもよく、なんでも楽しめてしまうギャル系女子であれば、ドライブでプチ遠出なんかがいいのではないでしょうか。古都散策やフルーツ狩りなどのデートは、街中で遊ぶことの多い彼女たちにとって非日常性があり、ウケると思いますよ」

ギャルとフルーツ狩りなんて新鮮な組み合わせですね~! では「古着系森ガール」の場合はどんなデートプランが良いのでしょう?

「男が意外性を狙ってあれこれ計画しても、好みと合わず失敗するケースも。趣味がハッキリした相手との初デートは、お台場のように選択肢の多いエリアを選ぶのが無難です。大型の商業施設なら、彼女の嗜好に合うものが何かしら見つかりやすいので」

一方、「古着系森ガール」とは別の意味で大型商業施設など王道デートスポットに向いているのが「清楚系コンサバ女子」だとか。

「コンサバ女子は、初デートでは“とりあえず様子見”という人も多いので、意外性は狙わずに東京スカイツリーや六本木ヒルズのような王道のデートスポットがお薦めです。カジュアル系ナチュラル女子にも同じことがいえますが、彼女たちはあまり華やかな場所は好まないので、落ち着いてのんびり過ごせるようなプラネタリウムや科学館などに一緒に行くといいでしょうね」

やはり女性のタイプによって、初デートの正解は少しずつ異なる模様。ちなみに、初デートで失敗しがちな例をうかがったところ、「いきなり密室になって緊張感の増すカラオケや、相手の好みが分からないうちから付き合うショッピング」とのこと。みなさん、女性との距離感には気をつけながら、レッツエンジョイ、ファーストデート!
(陽玉黎)

※この記事は2013年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト