専門医がウソ・ホントを判定!

「ダイエット諸説」の噂の真相は?

2015.03.15 SUN


「食べてすぐ寝ると太る」「ビールを飲むと太る」「30歳を過ぎると痩せにくい」などなど。巷にはダイエット諸説があふれていますが……先生! ホントのことを教えてください! 画像提供/PIXTA
鏡を見るたびに成長する腹回りの脂肪。20代後半に差し掛かると、そろそろ体型が気になる人も増えてくるだろう。覚悟を決めて「ダイエットだ!」と意気込んではみたものの、調べてみたらダイエットに関する諸説は様々……。一体、どれが正しいの?

真偽のほどを明らかにするべく、医療ダイエットの専門外来、渋谷DSクリニックの林博之院長に話を聞いた。林先生には、それぞれ「ホント」「ウソ」「どちらともいえない」で回答してもらった。

●「食べてすぐ寝ると太る」説
⇒「ホント」
「体脂肪を分解して、エネルギーを消費する役目は交感神経が担っています。夜眠る前になると交感神経は落ち着き、反対に体脂肪を増やしてエネルギーを溜め込む副交感神経が活発になるので、夕食や夜食を食べてすぐに寝ると確実に太ります」とのこと。反対に、昼間は交感神経が副交感神経より優位に働いているので、しっかり食べても夜に比べて太りにくいという。

●「ビールを飲むと太る」説
⇒「どちらともいえない」
「ビールには、食欲を増進させる“N-メチルチラミン”という活性物質が含まれています。またビールに限らず、アルコールはそれ自体が高カロリーですし、飲酒によって脳が低血糖だと勘違いを起こし、食欲が増進されます。『ビール=太る』ではなく、『ビールなどのアルコールを飲むことで食欲が増し、肥満につながる可能性がある』といったところでしょうか」

●「水をたくさん摂ると太る」説
⇒「ウソ」
「水はカロリーがないので、水だけで太ることはありえません。よく『水太り』という言葉を聞きますが、あれは細胞の新陳代謝機能が低下して、排出される水分が体内にとどまり、一時的にむくんでいるだけです」

●「30歳を過ぎると痩せにくい」説
⇒「ホント」
「加齢による基礎代謝量と筋力の低下で、20代より30代の方が痩せにくいのは事実です。基礎代謝は1日の総消費エネルギーの70%を占めているため、ダイエットしたいなら基礎代謝を高めましょう」

●「太ると思って食べると本当に太る」説
⇒「どちらともいえない」
「例えば、ダイエット中の人が『これを食べたら太る』と思いながら食べると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。これは、脂肪燃焼を助ける成長ホルモンの育成を妨害するので、脂肪が体内に蓄積されやすくなります。ただし、全員がそうではありません」

●「肥満遺伝子という遺伝子が存在する」説
⇒「ホント」
「肥満遺伝子は本当に存在します。実は日本人の多くは、なんらかの肥満遺伝子を持っているとされ、肥満は生活習慣病だけでなく、遺伝的な要素も関与しているのです」

さて、あなたが疑問に思っていたダイエットのウソ・ホントは解消されただろうか? 林先生の話によると、健康的な理想のボディをゲットするポイントは、やっぱり規則正しい食生活と基礎代謝を上げるための運動がキーとのこと。「急がば回れ!」ダイエットに近道はなさそうである……。
(播磨谷拓巳/ノオト)

※この記事は2014年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト