ココイチのラーメンからKFCの食べ放題まで

有名チェーン店のレア店舗を探せ!

2015.03.22 SUN


「麺屋ここいち基本の味!」と太鼓判を押す「うまこくカレーらーめん」。本家ココイチ同様、スープの辛さから麺の太さ、麺の量まで選べるのがうれしい!
全国どこでも、手頃な値段で変わらぬ味を提供してくれる飲食チェーン店。しかし、そんなチェーン店の一部では近年、彼らがこれまでに培ってきたノウハウを生かした新業態店や、本業で人気の定番メニューを武器にしたユニークなサービスを提供する店舗が増えている。そこで、有名チェーン店とは一味違う店の数々をご紹介しよう。

〈新業態 編〉

●あの大人気カレーの味がラーメンに!?
CoCo壱番屋のラーメン屋「カレーらーめん 麺屋ここいち」

カレーハウスCoCo壱番屋といえば、泣く子も笑うカレー専門店。そんなココイチが、新たに展開しているのが「カレーらーめん 麺屋ここいち」と銘打ったラーメン屋だ。メニューには中華そば(税抜620円)などの定番商品があるものの、ココイチ好きなら、うまこくカレーらーめん(税抜620円)がオススメ。カレーらーめんのベースにはココイチと同じカレーを使用し、ラーメンに合うダシで割っているとのこと。カレーとラーメン、最強の組み合わせだ。名古屋市ほかで営業中。

●自慢のスープを生かしたソースが魅力
Soup Stock Tokyoの発の洋食屋「100本のスプーン」

全国に店舗を構えるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」が新たに手がけたのは「100本のスプーン by Soup Stock Tokyo」という洋食屋(幕張新都心ほか)。オマール海老のダシが魅力の「オマール海老と帆立のソースライス」(税込1980円:3月24日現在)など、大人気のスープを生かしたこだわりのソースが楽しめる。

●自慢のそばに磨きをかけた
名代富士そばの健康系そば専門店「たったん」

サラリーマンの味方・立ち食いそばチェーン店「名代富士そば」は、つけそば屋「たったん」を渋谷区並木橋にオープン。この店のそばに使用している韃靼(だったん)そば粉は、血液をさらさらにする栄養素“ルチン”を通常のそばの100倍も含んでいるという。メニューの中には盛りだくさんの野菜がのっている「野菜つけそば」(税込700円:3月24日現在)など、健康的なメニューが豊富なのも魅力。

●ステーキの食べ方、新提案!
ペッパーランチの立ち食いステーキ店「いきなりステーキ」

ステーキ専門店チェーン「ペッパーランチ」がオープンした「いきなりステーキ」は、なんと“立ち食いステーキ店”! リブロースなどのステーキを、1gあたりの量り売りで提供している。銀座に2店舗をかまえ、酒類もあるので、飲み会前のゼロ次会に立ち寄るのもオツなもの?

〈ユニークサービス 編〉

●KFC唯一の食べ放題!
「ケンタッキー・フライド・チキン小野原店」

KFC小野原店は、全国でたった一つしかない食べ放題サービスを提供しているお店。おなじみのオリジナルチキンはもちろん、ビスケット、わかめごはんやソフトクリームまで制限時間60分の食べ放題なのだ。おなかいっぱいになるまで、あのオリジナルチキンが食べられるなんて夢のよう! 

●肉も野菜もバランスよく!
「MATSUYA for yourself」

牛丼チェーン大手「松屋」の特別店。こちらは、スタンダードな松屋のメニューに加え、他店にはないサラダバーやドリンクバーなどのセルフメニューが楽しめる。安くてうまい牛丼に、野菜も存分に食べられるとなれば死角なし! とはいえ、全国に2店舗(南阿佐ヶ谷店・武蔵小金井店)しかないが、行ってみる価値アリ!

本業のノウハウを生かしながらも、新業態・ユニークサービスに挑戦をするチェーン店。ぜひ一度、足を運んでみては?

(大貫未来/清談社)

※この記事は2014年3月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト