恋人選びの重要基準…なのか

いい旦那になりそうな男の出身大学

2015.03.29 SUN


一橋大学東本館。キャンパスがある国立駅は、新宿から中央線に乗って快速で約40分ののんびりした文教地区。「一橋男との結婚を考えるなら、彼らが潜在的にモテることを自覚する前に付き合い始めるべき」(一橋卒の女性)という戦略的な意見も shin_k / PIXTA(ピクスタ)
合コンではさりげなく男性の「学歴」をチェックする、という女性がいる。学歴で相手を選ぶわけではないが、「出身大学」は人となりを知るうえで参考となる情報のひとつ。特に結婚適齢期の女性にとっては、夫となる男性の学歴が将来の生活に影響する可能性もあるため、気になる人が多いようだ。

そこで25~34歳の女性200人を対象にネット調査を行い、全国の有名大学22校から「『結婚したら良い旦那さんになりそう』なイメージのある男性の出身大学」を選んでもらった。その結果の上位5校の顔ぶれは次のとおり。

○「結婚したら良い旦那さんになりそう」な大学TOP5(※複数回答)
1位 一橋大学(43票)
1位 明治大学(43票)
3位 慶應義塾大学(40票)
4位 上智大学(35票)
4位 中央大学(35票)

1位の「一橋」を選んだ女性に理由を聞いてみると、最も多かったのは「しっかり稼いでくれそうだから」、次いで「純朴で良い人そうだから」といった声。同じく1位の「明治」については「たくましく生き抜いていきそう」が最も多く、「純朴で良い人そうだから」がそれに続いた。「純朴で良い人」というイメージは共通するものの、最も多かった理由には両校のカラーが表れているともいえる。

この結果について、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社)などの著作で知られる中川淳一郎さん(一橋大出身)に聞いてみたところ、一橋出身者に「純朴」な男性が多いのは確かだという。

「一橋にはクソ真面目な男が多く、あまりぶっ飛んだ人はいません。多摩の片田舎に位置し、男女比がいびつな男だらけの大学でまったくモテない青春を送るため、『ダサい』という点では最上位に来るかと思います。そんな男どもが社会に出て、遊ぶ間もなく一度目のデートで結婚を意識し、なんだかんだで幸せな家庭を築いているパターンは多いですね。『一生の安定と穏やかな生活』を考えれば、一橋男は良いのではないでしょうか」

さらに、一橋卒の男性に縁のある女性にも聞いたところ、「欲を出さずに堅実に稼ぐ」「人に対してハイレベルなものを求め過ぎない」「ソツなく庶民的」といった評価が。また、「安定したメーカーや銀行に就職する人が多いので、30歳前後で市場価値が急騰する」という現実的な分析も印象的だった。

ちなみに、同調査で「『結婚したら苦労しそう』なイメージのある男性の出身大学は?」という質問もぶつけてみたところ、1位はぶっちぎりで「東大」(98票)という結果に。「プライドが高そう」「ちょっと変わってそう」という意見が多く、厳しい評価となった。

あくまでもイメージとはいえ、一般的な女性が思い描く「理想の結婚相手」は、やはり「誠実な人柄」の持ち主といえそうだ。もちろん、「誠実」だけでは将来が不安なので、「収入」とか「不況を生き抜くたくましさ」のような要素が加味されるのだろう。確かにこのご時世、この選び方には一理あるかも。
(呉 琢磨)

※この記事は2013年3月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト