ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「DMMのふるさと納税」人気すぎ

2015.03.06 FRI

噂のネット事件簿


加賀市のWebサイトでも「受付終了」を通知。予定より3週間も早い終了だが、既に申し込んだ人には当初の予定通り対応するとのこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2月12日に、DMM.comが同社発祥の地・石川県加賀市へのふるさと納税の受け付けを開始したところ、2月末までに寄付件数1700件、寄付金額合計5300万円にものぼった。ネット上でも広く話題となり申込者が殺到したのか、当初3月末までとなっていた受け付けを急遽変更し、3月4日で終了される事態となっている。

ふるさと納税とは、2000円以上の寄付を行った場合、寄付金のうち2000円を超える部分について、一定限度額まで所得税・個人住民税から控除されるという制度。寄付した人に対し、豪華な“特典”が贈られるケースも多い。

今回話題となったのは、石川県加賀市へ寄付することで、寄付金額の50%を電子マネーである「DMMマネー」を受け取れるという特典があったため。DMMマネーは同社の提供するゲーム『艦隊これくしょん』や『刀剣乱舞』といった、人気ブラウザゲームで使えるポイントの購入も可能だったことから、特に大きな反響を呼んだのかもしれない。

ツイッターには、寄付したという人から

「くっくっく、ふるさと納税した見返りのDMMポイントで母港を拡張(編註:『艦隊これくしょん』でお金を払いゲーム機能を拡充したという意味)してやったぜ」
「手続き完了。よく見たら一般書籍もかなり充実していたので、書籍購入費に充てます。 いくら寄付したかは所得がばれるので伏せるけどw」

などと、特典のDMMマネーに満足する声が上がっており、また受け付けが終了してからも、

「こういうの増えてほしいね」
「DMMふるさと納税考えた人素晴らしいな。
こういうのもっと流行らないかな(ミドル課金ユーザーとして)」

など、今後に期待するというコメントもある。

ネットユーザーと親和性の高い“寄付特典”で話題を集めたDMM.com。今後はこれにならって、人気のゲームをからめた特典が出てくるかも?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト