桜の花見、卒業ソング、初々しい新入社員の姿…?

春の訪れを感じる瞬間TOP10

2015.03.19 THU


ウェザーマップによると、東京の桜の開花予想日は3月23日となっている(3月17日現在) YsPhoto / Imasia(イメージア)
ようやく寒さが緩み、街ゆく人の服装も春めいてきた今日この頃。地域差はあるものの、季節の移り変わりを実感している人も多いのでは? ただ、「春の訪れ」といっても、感じ方は人それぞれ。みなさんが「春の訪れ」を実感するのはどんなときでしょうか? 20~30代の男性200人に聞いてみました。

<春の訪れを実感する瞬間TOP10>
(複数回答 協力・アイリサーチ)

1位 風が暖かく感じられたとき 50.5%
2位 桜の花を見たとき 47.5%
3位 花粉症の症状が出たとき 43.5%
4位 明るい時間が長くなったと感じたとき 40.0%
5位 卒業をテーマにした曲を耳にしたとき 21.0%
6位 いかにも新人といったサラリーマンを見たとき 20.5%
7位 人事異動の話が出てきたとき 18.5%
8位 厚手のアウターの出番が無くなったとき 13.5%
9位 ほこりっぽくなってきたとき 13.0%
10位 山菜など、春の味覚が出回ってきたとき 12.5%

上位3位には、「風の暖かさ」「桜の花」といったポジティブなサインのほか、「花粉症」という春ならではの「いやなサイン」もランクイン。

ちなみに、「春に訪れた出来事のなかで、一番うれしかったこと」も尋ねたところ、TOP3はご覧のように…

<春に訪れた嬉しい出来事TOP3>
1位 大学合格 57人
・希望大学に合格して、新しい生活が楽しみだから(25歳・東京都)
・受験勉強からのがれられて自由な生活のスタートでもあったから(34歳・東京都)
・家計が苦しい中で滑り止めを受けない条件だったが、無事に合格できた(37歳・香川県)

2位 高校合格 27人
・偏差値が足りず非常に難しいと言われていた高校に合格できたから(27歳・福岡県)
・中学の友人たちと一緒に同じ高校に受かることができ、高校生活も同じ仲間と過ごせたこと(35歳・大阪府)

3位 就職 23人
・リーマンショック後すぐの就職活動で厳しかったが、大手企業から内定を得られたこと(26歳・埼玉県)
・つらい就活の末の就職だったから(東京都・30歳)
・31歳で初めて正社員として働くことができたこと(37歳・沖縄県)

やはり「新たな進路」こそ、「春の訪れ」の象徴ということのよう。この春から新天地に進む皆さんには、待望の春到来ですね!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト