ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット用語熟達のポーランド人出現

2015.04.08 WED

噂のネット事件簿


信じがたいレベルで日本語を使いこなすポーランド人にネットユーザーも仰天 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2ちゃんねるなどで見られる、ネットスラングを多用した文章は、時に日本人が読んでも意味不明だが、これを華麗に使いこなすポーランド人が出現し、賞賛の的となっている。

話題の主は、「オペちゃん改二☆ポーランド人の叢雲提督」というアカウント名でツイッターをやっている「日本語を勉強してるポーランド人」だ。アカウント名や、プロフィール欄の「ミリタリー・模型・戦車・歴史・艦これ・ガルパン・ストパン・アイマス」との記述からも分かるように、いわゆる日本のオタク文化全般を愛する“オペちゃん”。彼は、「同人誌読めるようになりたかったから」との理由で日本語の勉強を始めたのだそう。恐るべきことに、

「ちなみに日本語は教科書を使わずに学んだ(ひらがな、カタカナと“に、を、へ、で”とか以外) かなを覚えて好きな漫画と同人誌読んで知らない言葉を調べた!!」

のだという。

その日本語力はまさに驚異の一語に尽きる。例えば、彼の最近のツイートは以下の通りだ。

「みんなのコメントとリプを読んで“いつも応援してくれてありがとうございました!!”って言いたいけどやっぱりめっちゃアイドル臭い文章だなwww」
「巨乳も貧乳も大好きだからさ 単にいえば雑食動物です」
「“黒タイツ好きなら江頭2:50”っておすすめされてぐぐった 死にたい」
「昨日の朝からフォロワー数が倍になって草しか生えないwwww」

など、どこをどう見ても、ネットに熟達した日本人の文章だ。

ここまで日本語(のネットスラング)が巧みだと、当然「本当にポーランド人なのか?」という疑惑の声も寄せられるが、オペちゃんは、

「俺のミス1000回指摘されても怒らないから。怒ることじゃなくて、指摘した人に感謝です。その指摘のおかげで上達できるからさ。外国語勉強するなら、この考え方はおすすめしますよ」
「2013年から自分でツイッター上に日本語を勉強して全く読めない状態からここまで来ました。好きなことを目指して、同じ趣味の人々とやりとりして、やりました」
「ただの2年でここまで来たのは俺のおかげじゃなくて、日本語で話してくれた人のおかげですよ」

と、ツイートしており、ツイッターユーザーからも“本物のポーランド人”として認定されている。そんなオペちゃんは7月に来日を予定しており、同人誌即売会「コミックマーケット」を訪れるのを楽しみにしているそう。その折には改めて、“変なポーランド人”がネットで話題になりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト