ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「消せるペン」使う若者ダメ?議論

2015.04.09 THU

噂のネット事件簿


消せるボールペン「フリクション」。「フリクションは消せる筆記具です。証書類・宛名など消えてはいけないものには使用しないでください」の注意書きが ※この画像はサイトのスクリーンショットです
公益財団法人日本生産性本部の「職業のあり方研究会」は、毎年恒例の「新入社員のタイプ」を発表した。平成27年度の新入社員は「消せるボールペン型」だという。

こすると熱でインクが消えるのが、「消せるボールペン」。今年の新入社員は、書き直しができる“柔軟性”を持っている一方で、熱血指導をすると個性が消えてしまったり、離職してしまったりする──という理由でのネーミングだそう。

こういった若者へのネーミングは、ネットでは厳しい反応にさらされるのが常。ツイッターでは早速

「私は新人がどうというよりも会社にいる先輩方、社会に柔軟性が必要な気がする。新人を通して社会に必要なものを見ているのか?!」
「今年の新卒は消せるボールペン世代と呼ばれていて、熱(血指導)を与えると死ぬらしい。さすが、手書き履歴書のボールペン世代は面白いことをいいはりますなぁ」

などの声が上がっていた。

ちなみに「消せるボールペン」は、一般的に重要書類には使用してはいけないとされている。実際、4月6日には京都府舞鶴市が市役所の公文書に「消せるボールペン」が使用されていたことで、全職員に対し使用を禁止する通知を出した。ツイッターでも、

「そう言えば、ファミレスで隣の席の女の子が履歴書を消せるボールペンで書いてたのが驚愕だった!手書きで提出しろって会社もアレだけど、消せるボールペンで書く若い子もアレだよね」
「今日、新人ちゃんが消せるボールペンで総務へ提出する書類を書いているのを、僕は目撃しました」
「後輩でいたな。何でもこのペンで書いちゃって、上司カンカン」

など、学生や新人などが使用していたことにツッコむ声が投稿されている。

一方では、

「消せるボールペンはアイディア会議のメモレベルだと便利なんだよなぁ。商品企画やマーケティング部の人とかほぼ皆フリクション使ってんじゃね?」
「公文書には使用しなければ良いだけ」

と、公的な書類以外での使用なら問題ないはずと主張するネットユーザーも少なくない。

「消せるボールペン」をめぐり様々な主張がされているネット界隈。あなたはどう思う?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト