つまらない祝辞、イマイチな料理…イラッとすること1位は?

友人の結婚式でムカつくTOP10

2015.04.16 THU

世論調査


愛し合う2人にとっては晴れの門出。それはわかっちゃいるんですが…
30オトコにもなれば、友人の結婚披露宴や二次会に招待される機会が増えるだろう。ただ、安くないご祝儀(や会費)を包み、休日の貴重な時間を割いて出席することもあり、“おもてなし”への期待値はそれなりに高くなってしまうもの。招待客への配慮が足りないと、イラッとする人も少なくないようだ。そこで20~30代の未婚社会人男性200人に、「友人の結婚式に際してイラッとすること」をアンケート調査してみた(協力/アイ・リサーチ)。

〈友人の結婚式でイラッとすることTOP10〉
(上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 内輪ウケのつまらない余興を見せられた時 218pt
2位 二次会の会費が高額だった時 125pt
3位 一部の出席者が飲み過ぎたり大騒ぎしたり傍若無人な振る舞いをした時 122pt
4位 たいして仲良くないのに幹事を任されてしまった時 110pt
5位 つまらない「祝辞」のスピーチが延々と続いた時 104pt
6位 (包んだご祝儀の額を考えると)料理・引き出物などがイマイチだった時 89pt
7位 披露宴やパーティーの当日に突然、挨拶やスピーチを振られた時 86pt
8位 (あまり)知り合いがいないテーブルに座る羽目になった時 82pt
9位 ご機嫌な新郎から「お前も早く結婚しろよ」などと声を掛けられた時 54pt
10位 映像、余興など内容が盛りだくさんで、やたらと時間が長かった時 44pt

お祝い事に際して不満を露わにするような態度はとらずとも、内心イラッとすることは多々ある様子。ランキングには赤裸々な不満がズラリと並んだ。以下、回答者から寄せられた“ダメ出し”の数々をご紹介しよう。

●1位 内輪ウケのつまらない余興を見せられた時 218pt
「置いてけぼり感を味わうから」(32歳)、「楽しいのは自分たちだけ」(33歳)、「下ネタばかり」(29歳)など、「内輪ウケの余興」には厳しいコメントが多く集まった。「くだらない余興は公の場でしないでほしい。出席した私がそういう人と同じレベルだと思われるのは迷惑」(26歳)と、心底迷惑がる声も…。

●2位 二次会の会費が高額だった時 125pt
「行かないわけにはいかないから困る」(26歳)、「給料があまりないので高額だと勘弁して欲しい」(34歳)などと、やはり高額な出費が痛手なよう。「二次会すら必要ないと思うから」(32歳)、「参加したくもない会費が高額なんて悪夢以外なにものでもない」(37歳)と、二次会の存在自体に否定的な人もいた。たしかに二次会だけならともかく、「披露宴+二次会」のダブル参加となると、「ご祝儀+会費」で懐には大ダメージだ。

●3位 一部の出席者が飲み過ぎたり大騒ぎしたり傍若無人な振る舞いをした時 122pt
「お酒を自分の体にこぼされたから」(25歳)という被害談が寄せられたほか、「羽目を外しに来る場ではないと思うから」(32歳)、「無礼講にも限度がある。羽目を外しすぎた姿は見ていて気分が悪い」(38歳)、「常識がない低レベルな人はいつでもイラッとするが 結婚式ならなおさら」(28歳)など、怒りのコメントが並ぶ。

●4位 たいして仲良くないのに幹事を任されてしまった時 110pt
二次会の幹事、余興の幹事などは、やはり頼まれたら断りにくいもの。「こういう時だけ友達というのは本来ならばお断りしたい」(37歳)、「面倒を押し付けられたと思うので」(34歳)、「いそがしいから」(28歳)など困っている人が多数…。

●5位 つまらない「祝辞」のスピーチが延々と続いた時 104pt
「早くビールを飲みたい」(37歳)。その通りである。筆者も冷えたビールやワインが並ぶテーブルを眺めながら、面白くもないスピーチを30分ほど聞かされたことがあった…。「ここがつまらなくてイラっとくると後のものも楽しめないから」(39歳)と、その後のテンションにも影響してしまうという指摘も。

そのほか、6位の「(包んだご祝儀の額を考えると)料理・引き出物などがイマイチだった時」には「カタログギフトでも安っぽいランクだとケチに感じる」(28歳)、8位の「(あまり)知り合いがいないテーブルに座る羽目になった時」には「しばらくの間初対面の人と話すことになる。自己紹介から始めなければならない。さみしい」(37歳)といったコメントが寄せられた。

手厳しいコメントの数々を目にすると、「自分が結婚披露宴・二次会に友人を招く時は、イラッとさせないようにしなきゃ」と思うものの、結婚の予定はおろかお相手もいない筆者…。この悲しみをどうすりゃいいの?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト