ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ファミコン風『タイタニック』絶賛

2015.04.19 SUN

噂のネット事件簿


ファミコンに熱中した世代には涙モノの画像とサウンドは圧巻 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
映画『タイタニック』をファミコン風の画像で再現した動画がYouTubeに登場。コメント欄には世界中から絶賛コメントが寄せられている。

「Titanic - 8 Bit Cinema」というタイトルが付けられたこの動画は、1997年に公開され、全世界で大ヒットを記録した名作映画『タイタニック』を、ピコピコサウンドとドットが粗い絵で、ファミコン風に再現したもの。動画を作成した「CineFix」は、これまでにも「8-Bit Cinema」という同シリーズを制作しており、『スタートレック』『ブレードランナー』『パルプ・フィクション』『フォレスト・ガンプ』『ゴジラ』『マトリックス』など、40作品以上が“ファミコン化”されている。

今回公開された最新動画は、レオナルド・ディカプリオ扮するジャックがポーカーに勝ち、船に飛び乗るシーンから始まる。そしてローズ(ケイト・ウィンスレット)が海に飛び込もうとするシーン、2人が舳先でイチャつく有名なシーン、ローズの裸像を描くシーン、2人が愛を育むシーン、氷山への追突から沈没、そしてエンディングまで全編を完全に網羅。原作は194分の大作だが、動画は3分53秒にまとめられている。

動画は4月14日に投稿されたばかりだが、すでに再生回数は7万回(4月17日20時)を超えており、コメント欄には、

「これが本当のゲームになることを祈ってる!(Wish that this was a real game!)」
「うーん、原作の映画よりこっちの方が良いかも(Well.. its better than the original movie)」
「スゴい!!!(this was great!!!)」

など、絶賛の嵐となっている。すでに映画を見た人も、そうでない人も必見の完成度となっており、今後さらに再生回数を伸ばしそうな勢いだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト