ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画「アドラー心理学」が人気

2015.04.22 WED

噂のネット事件簿


アドラー心理学だけでなく、様々な疾患について漫画で解説している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
最近、注目を集めている「アドラー心理学」について、わかりやすく漫画で解説しているサイトが話題になっている。

その漫画が掲載されているのは「ゆうメンタルクリニック池袋西口院」の公式サイト。同クリニックは、精神科医で漫画原作者のゆうきゆう氏が代表を務めており、池袋のほかに、秋葉原や渋谷、新宿、上野でも開院。それぞれの公式サイトで、「マンガ心療内科」として、メンタルヘルスに関連する作品を掲載している。

ゆうきゆう氏は、「マンガ心療内科」の作品へのリンクを毎日ツイッターで投稿している。4月19日に、「『トラウマ』や『原因』なんて考えてもしょうがありません。モテない理由を、顔や体型のせいにしないでください」とのコメントを寄せて、「『アドラー心理学編』第1回『トラウマなんて存在しない!』」という漫画を紹介。これがネットユーザーたちの目に留まったのだ。

漫画の内容は、フロイト、ユングと並んで「心理の三大巨頭」とされているオーストリア出身の精神医学者・アドラーについて、前述の2人と比較して紹介。彼が生みだした「アドラー心理学」を説明するというものだ。特に「原因」よりも「目的」を重視する「目的論」にスポットを当てている。たとえば、パニック症状の原因が過去のトラウマだと判明しても、医師はその原因をどうすることもできないが、パニックを抑えるための方法を教えることはできる。つまり、原因そのものに大きな意味はなく、それよりも「これからどうするか」、あるいは「どのような目的に進んでいくか」が大切だという考え方、と漫画では解説している。

そんなアドラー心理学を解説する漫画をゆうきゆう氏が紹介すると、まとめサイトなどに取り上げられたこともあり、ネット上で大きく拡散。4月21日午前0時までに、当漫画が掲載されたページのツイート件数も2000件を超えている。

ネットユーザーからの反応はというと、基本的にポジティブに捉えるものが多い模様。ツイッターでは、

「ここ数年周囲との優劣や過去の挫折を気にして生きてきた私にとってとても励みになった。
自分の中にあった重くて冷たい何かが少し解けたと思う」
「アドラー心理学面白かった!参考になる考え方がたくさん書いてあった」
「思い当たることがありすぎる (^_^;) 視点を変えるだけで、これまでの自分の行動が全く違ったものに見えてくる。面白い」
「目から鱗。電車の中で膝から崩れ落ちそうになったほど。こんな考え方があったなんて… 久しぶりに心の底から震えた」

など、未来に向かって生きていくためのヒントを得た人も多かったようだ。

アドラー心理学に限らず、いろいろなメンタルヘルスに関するマンガが掲載されている「ゆうメンタルクリニック」のサイト。何か人生に行き詰まったとき、のぞいてみるのもいいのでは?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト