ネット界の“旬”なニュースをお届け!

タコベル大行列「鳥取笑えん」の声

2015.04.22 WED

噂のネット事件簿


狭い路地にオープンしたTACOBELL。初日は夜まで大行列
4月21日、東京・渋谷にメキシカンファストフードチェーン「Taco Bell」(タコベル)の日本1号店が開店し、話題を集めている。

タコベルはアメリカ・カリフォルニア州で1962年に創業。現在アメリカで約6000店舗を構え、国外ではヨーロッパやアジアなどで約250店舗を展開している。日本へは1988年に東京や名古屋に出店したものの、定着せずに撤退しており、その後は米軍基地のみで営業していた。

今回約20年ぶりの再上陸とあって、オープン当日には店舗の前に大行列が発生。Twitter上には「タコベルの行列がえげつない」など、ただでさえ人通りが多い渋谷の街に、長~い行列ができていることに驚く声や状況写真が投稿された。一方で、

「タコベルに行列だと?気が狂ってるんじゃないのか?日本で言ったらすき家に行列みたいな話しだぞ」
「なんかタコベルに行列してるらしいけど、アメリカに行っても、特別好きじゃなければ、わざわざ行かないですよね。不思議。なんか富士そばとか吉野家のイメージなんだけど」

など、冷静な声もあがっていた。また、

「鳥取にスタバができた時に笑った東京人、タコベルに行列ができてる今とても恥ずかしい思いだろう」
「タコベルに馴染みが無い方のために説明すると、鳥取県にスタバがやってきたのと同じ類の祭りです」

と、昨年12月に行われた鳥取初出店となるスターバックスコーヒー(5月23日オープン予定)の試飲会に約4時間の行列ができたことを引き合いに出す人も。だが“初モノ”に大行列ができるのはよくある話。地方のTwitterユーザーからは、「タコベルはよ地方来てくれ」とうらやましがる声もある。

また、ニュースを知って、

「15歳のとき初めてアメリカで食べて、衝撃的にうまかったんだ(笑)もう忘れられない」
「タコベルで思い出すのは、アメリカにホームステイに行った時に初めて食べて、感動して、ホストファミリーに懇願して連れてってもらったということ
帰ってからも忘れられなくて、作り方検索して作ったなーってこと」
「15才の時アメリカで従兄弟に連れて行ってもらった初めてのファストフード店!!めちゃ懐かしい」

と、留学経験者には郷愁を誘う食べ物として記憶に残っている人も多いようだ。

ちなみに渋谷には外国人も多く、並んでいるのは日本人だけではない。なかには「久々にタコベル、懐かしくて…」というアメリカ人もいた。満を持しての再上陸、新たな客層を取り入れ、定着するか!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト