ネット界の“旬”なニュースをお届け!

叱り方「○○に怒られる」に違和感

2015.05.27 WED

噂のネット事件簿


親側から、「そういう親にならないように気をつけている」という声もあった
公共の場やレストランなど、外出先で子供の言動に頭を悩ます親も多いだろうが、Twitterではこのほど、あるユーザーの“「店員さんに怒られるよ」はやめて下さい”というツイートをきっかけに、「子供への注意の仕方」が議論となっていた。

あるユーザーは、「保護者様へお願いです」と題して、店内で暴れている子供の親に対し、「店員さんに怒られるよ」という注意の仕方をやめてほしい、と訴えるメッセージを投稿。この言葉には、“店員に怒られるから暴れてはいけない”と、店員に責任を負わせる意味が含まれていて怒りに駆られるとしたほか、もし本当に店員が子供を怒った場合、保護者が店員を怒るはずだ、として「保護者様が怒って下さい」と釘を刺している(現在、このユーザーのアカウントは非公開になっている)。

これに対し、

「ほんとこれ」
「すっっっっんごい分かる( ˘ω˘)本当に怒っていいの?ってなる( ˘ω˘)」
「ほんこれ 手前のガキぐらい手前が怒れや」

と、賛同する声が続出した。さらに、様々な職業の人たちから、

「そのとーり!!私はフードコートで清掃してます!親が勝手すぎ~!」
「すごいわかります。医療関係者ですが、注射されるよっていうのも止めていただきたいです…」
「私は保育士をしているのですが、そういう保護者多いですよね!『怒られるからダメじゃなくて、○○だからダメなんだよ』と保護者にも伝えます(^_^;)何でダメなのかを親が伝えられないのは問題ですよね」
「『保護者』は『保護責任者』の略称ですからね。
日本語分からない日本人が多くて私も困ってます。
某大手鉄道会社の駅員より」

という共感の声も殺到。なかには、

「西洋では今でも子供を叱るのに『ハンニバルがくるぞ』と言うとか。
日本でも『雷様(らいさま)がくるぞ』とか言います。
直接相対峙して却って反抗心を煽るより、店員さんという『自然物』を引き合いにすることで宥めすかす知恵だと思いますけど」

という意見もあるが、

「誰かに怒られるから止めさせるのではなく。他の人に迷惑がかかるし危ないから止めなさいと母親が叱らず 誰が叱る?子供によく考えさせよう」
「危ないからやめなさい、じゃないことに恐怖を感じる」
「店員さんにおこられるかどうか、でしか物事の良し悪しを考えられないような、低レベルな倫理観を持った子どもになりそう」

など、子供の将来を考えたうえでも“他人に怒られるから”という物言いはよくない、という声は多い。子供をもつ親に対し、モヤモヤとした不満を抱えたことがある人は少なくないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト