ネット界の“旬”なニュースをお届け!

球宴中間発表 巨人ファンから溜息

2015.05.28 THU

噂のネット事件簿


今年の開催地は東京(東京ドーム)と広島(マツダスタジアム)となっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本野球機構(NPB)は5月25日、7月に行われるオールスター戦のファン投票の第1回中間発表を実施。“栄枯盛衰”を地で行く結果に、巨人ファンから溜息が漏れている。

26日から交流戦に突入し、俄然注目度が高まるプロ野球。今年はセ・リーグでは広島や阪神、パ・リーグではオリックスが下位に沈む一方、下位が“定位置”のDeNAが首位に立つなど、事前の予想とは大きく異なる展開となっているが、ファン投票でも“異変”が起こっている。

第1回中間発表では、セ・リーグの9部門(投手部門は先発、中継ぎ、抑えの3部門)のうち4部門のトップをDeNAが占める一方、黒田博樹の日本球界復帰や“カープ女子”など、何かと話題が多い広島も4部門でトップに。一方、熱狂的なファンが多いことで知られる阪神は遊撃手部門の鳥谷敬のみ、“球界の盟主”と呼ばれる巨人は0人と、地殻変動とも呼べるような投票結果となっている。

ファン投票では、これまでも様々な異変が起こってきた。2003年には、1度も1軍登板がなかった川崎憲次郎(中日)が、2ちゃんねるでの呼びかけによって投手部門で1位となり、出場を辞退したほか、2007年の中間発表では楽天が12部門中8部門を独占し、当時の野村克也監督も困惑する事態に。それらのケースに比べれば、今年のDeNAは現時点で首位、広島は今年のオールスター開催地であり、今回の中間発表の結果は「妥当」と評するのが正しいのかもしれない。

しかし、まさかの「全部門でトップなし」という結果に、巨人ファンの心境は複雑なようだ。ツイッターには、

「むしろ誰も出ない方がチーム的には助かるし」
「かえって選ばれなくて喜んでます。下手に出場選手が増えて怪我人続出ではペナント困るので」

などの声もあがっているが、

「オールスターのファン投票中間報告見た?巨人の選手が全員圏外なんて!みんな投票した?高木勇人は文句無しでしょう」
「1人でも入って」
「情けない!人気球団じゃないの?」
「大変だ!!オールスターで巨人の選手が圏外だΣ( ̄□ ̄)! 皆で投票しようぜ」

と、危機感を覚えたファンからのコメントが多数寄せられており、

「人気ないよ、、、そりゃあ、、、、、魅力ある選手いないもの、、、」
「アハハ、そりゃそうやろーねー。何でリーグ成績が二位なのかも分からんもん」

といった声もあがっている。巨人のチーム成績は決して悪くないだけに(26日時点で首位と1ゲーム差の2位)、今後の巻き返しも予想されるが、巨人の“落日”はファンにとっては衝撃だったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト