ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「障害物競走」という名称は問題?

2015.05.29 FRI

噂のネット事件簿


順位をつけない競技が増えている?
5月26日、ネットニュースサイト「ゴゴ通信」が「運動会の『障害物競走』が『興味走』に変更! 『障害』の言葉狩りが影響?」という記事を公開し、ネット上で話題が広まっている。

記事では、「興味走」と書かれた運動会のプログラムを紹介。「興味走」とはいわゆる「障害物競走」を指すものとし、複数の学校で「興味走」という名称を採用していることを報告している。確かにツイッターには、数年前から、

「昨日は、地元の小中学校で運動会。。部下が言っていたが、障害物競走って『興味走』って言うらしい。差別差別というが・・・気にしてること自体が差別じゃないか? 競馬の中山大障害も、、そのうち中山大興味走になったりして www」(2011年5月)
「ないよね、ないよね、興味走なんて! ダンナも子供の頃にはこんな言い方してなかったと言ってたけど、ホントに当たり前に書いてあるからびっくりしたよ~!」(2012年5月)

など、初めて目にして驚いたという声が投稿されているが、改めて同サイトが紹介したことにより話題は拡散。Twitterには、単純な言い換えであれば無意味”といった意見が多数見受けられる。ただし、同記事で公開されたプログラムの画像で確認できる競技内容は「ひまわりの種をまきました。力を合わせてひまわりを咲かせ、仲良くゴールを目指します」というもので、そもそもこの興味走が「障害物」でも「競走」でもない可能性はある。

ちなみに、「興味走」以外にも呼び方があるようで、Twitterには、

「うちの子の学校じゃ興味走じゃなく、チャレンジ走って言ってるな」
「うちの子の中学校では『障害物リレー』が「雨ニモ負ケズ」になってるんですけど。組体操は『以心伝心』だぜ」
「うちの学校は『障害物競走』→『運命走』だ。興味走よりは分かり易いかwww
興味走は初めて聞いたなwww」
「うちの地域では障害物競争はないですが、『人生行路』という名のレースがあります。ボールを転がしたり袋に入って飛んだり、人生はただ進むだけがこんなに厳しい…!ッて感じです」

などといった報告があがっている。

そもそも興味走が障害物競走の言い換えであるかは定かではなく、記事でもこれが言葉狩りの結果であるかはあくまで書き手の推測となっている点に注意が必要だ。しかし、言葉の使い方に敏感であったり、以前の障害物競走になじみがあったりするネットユーザーにとって、「興味走」は格好のトピックとなったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト