ネット界の“旬”なニュースをお届け!

自転車ルール改正 利用者は困惑

2015.06.02 TUE

噂のネット事件簿


アナタは止まってる? 一時不停止ももちろん「危険行為」
自転車の交通ルールが6月1日から改正され、悪質な運転を繰り返すと、講習を受けなくてはならなくなる新制度がスタート。ネットでは、「これはセーフ? アウト?」と、自転車のルールがホットな話題となっている。

今回の道路交通法改正の最大のポイントは、「危険運転」で3年間に2回摘発されると、警察などで行われる3時間の有料講習(手数料5700円)を受けなくてはならないというもの。「信号無視」「遮断踏切立ち入り」「酒酔い運転」「制動装置(ブレーキ)不良自転車運転」など14項目が「危険運転」に含まれている。

交通法規を理解しないまま、日常的に自転車を利用している人は非常に多い。街中でしばしば見かける光景だが、「イヤホンやヘッドホンを付けて」「携帯電話をいじりながら」「傘をさして」などの行為は、すべて「危険運転」行為。「自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければならない」というルールなどは、まったく守られていないのが現状だ。

それゆえ新ルール施行を機に、自転車のルールを改めて確認しようとした人は多かったようで、ツイッターには、

「傘差しながら自転車乗れないとかやばいな さすべえ(編集部注:ハンドルに傘を固定する器具)買うしかないの?」
「自転車での一時停止  『片足を地面につくこと』 これは油断してるともってかれそう」
「自転車は歩道走るのが正しいんだと思ってた!」
「イヤホンを片耳につけて自転車運転するのは捕まるの?」
「車道の右側通行あかんとか信号渡るん面倒すぎやろ」

など、戸惑いの声が溢れている。なお、危険行為が発覚した場合、まずは「指導警告」を受け、従わないと「赤切符」が切られるという仕組み。ただし、危険度が著しいと判断されたときは、即赤切符が交付されることもあるという。この赤切符が前述の「摘発」にあたり、講習の受講命令が来ても従わない場合は、5万円以下の罰金が科せられる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト