ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日本年金機構Q&Aに猛ツッコミ

2015.06.03 WED

噂のネット事件簿


今後情報セキュリティ対策の一層の強化に取り組むとしているが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本年金機構が6月1日、個人情報が125万件流出したと発表し、波紋を広げている。

流出の原因は、職員がウイルスの仕込まれた添付ファイル付きのメールを受信した後、その添付ファイルを開いたことだ。これによりPCがウイルスに感染、LANでつながっているファイル共有サーバーへの不正アクセスが実行され、そこから個人情報が引き出されて外部へ送信、流出したという経緯のようだ。

ネットに関わる人なら、メールなどの添付ファイルを開くことによりウイルス(不正プログラム)に感染するパターンが非常に多いことは、よく知られた事実。差出人不明のメールは基本的に開かないことが常識だ。このため、ツイッターには、

「年金のやつサイバー攻撃じゃないよね。たんなるウイルスメールで感染」
「程度が低すぎる…。
メールの添付ファイルからの感染…この手の仕事をする人間として失格。職員のレベルがこれじゃマイナンバーでも同じこと起きるよ」
「年金機構が知らないメアドからの添付ファイル開けてウイルス感染とか、マイナンバー導入に不安しかないわw」

と、初歩的なミスに驚く声が続出。今後導入が予定されている「マイナンバー(個人に割り当てられる社会保障と税金の共通番号)」についても不安を隠せない声も相次いでいる。

ちなみにこの発表後、日本年金機構サイトのQ&A「個人情報の漏えいが心配ですが」という質問に対する回答へアクセスする人が増えているもよう。

回答では、委託している民間事業者は、「全省庁統一資格」を保有しているほか、プライバシーマーク、または情報セキュリティ・マネジメント・システムに適合していることを条件としており、さらに個人情報の取扱状況について、日本年金機構が定期的に検査を実施するなど、「万全を期している」とされている。だが、このQ&Aに対するアンケートをみると「役に立った」数が51件なのに対し、「役に立たなかった」が4万5756件(6月3日時点)。これについても、

「委託先の安全さを語るばかりで自分たちの安全さについてはイマイチ曖昧だったのは…」
「それでも釣りメールの添付ファイルは開いちゃうし、ファイルサーバにDBの一部を置きっぱなしにしちゃうのか。うーん」
「投票結果も含めて笑える」

とツイッターユーザーから厳しい指摘が相次いでいる。アンケートの「役に立たなかった」の数は時間を追うごとに増えており、個人情報が流出したことに対し、ネットユーザーたちはアンケートの二択により「異議」を唱えているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト