ネット界の“旬”なニュースをお届け!

本買取 アマゾンvs.ブックオフ

2015.06.07 SUN

噂のネット事件簿


本の扱いに困っている人には朗報
Amazon.co.jpが6月3日より、「Amazon 本買取サービス」を始めたことが話題となっている。

同サービスでは買取価格を事前にAmazon.co.jp上で確認でき、本1冊から無料で集荷する。集荷の際は日時指定も可能だ。また買取センターで受領後24時間以内に査定・支払いが完了。支払いはAmazonギフト券で行われる(初回利用時のみ古物営業法上の本人確認手続きのため、銀行振込)。査定後、買取が成立しなかった商品は、配送料無料で返送するという。

事前に金額がわかるうえ1冊から無料集荷、返送も無料と、かなり手軽に利用できそうなサービスとあって注目度は抜群。大手中古本販売チェーンといえばブックオフがあるが、こちらの宅配買取サービス「宅本便」は、「古本20点以上」「ゲーム・DVD・CDのいずれかが3点以上」「買取価格が1000円以上の商品が1点」という3つの条件のうち、1つ以上を満たしている必要がある(支払いは銀行振込のみ)。

ツイッターでも、ブックオフと比較する声が多く、

「ブックオフやばいで・・・」
「ブックオフ潰す気やな(笑)」
「マーケットプレースorブックオフごろしですかね」
「amazonが買取始めたら、本当にちゃんとした古書店以外は終わりなんじゃないのか…。ブックオフ死亡。セドリの人々死亡」

など、Amazonが“圧勝”するのではないかとみる向きが圧倒的だ。ただ、支払いが「Amazonギフト券」となることについては、

「Amazonの買取サービス素敵やん?って思ったけど、これ初回以外はAmazonギフト券で支払われるのな。現金でくれ」
「amazonが本の買取を開始。やったあ、不良在庫押しつけちゃえ!と思ったら、支払いはギフト券か。微妙」

という声も。

ブックオフでは査定されるまで買取価格がわからず、また振込まで2週間ほどかかるデメリットもあるが、現金で受け取りたい場合はブックオフの買取サービスを利用するという選択肢もありそう。どちらにしても、早く本を売りたいか、それとも現金が欲しいか、利用者のニーズに応じて選べるようになったことは歓迎できそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト