ネット界の“旬”なニュースをお届け!

メトロイド開発中止署名は過剰?

2015.06.23 TUE

噂のネット事件簿


『METROID PRIME: FEDERATION FORCE』でのデフォルメされたキャラクターたち ※この画像はサイトのスクリーンショットです
任天堂の人気ゲームシリーズ「メトロイド」のニンテンドー3DS用最新作『METROID PRIME: FEDERATION FORCE』(海外版タイトル)の予告動画が発表され、海外ゲームファンから大不評を受けている。

『METROID PRIME: FEDERATION FORCE』は、一人称視点のシューティングゲーム「メトロイドプライム」シリーズの最新作。アメリカで開催された世界最大のゲーム見本市「E3」に合わせて日本時間の6月17日に公開された予告動画には、プレイヤーが操るロボットによるバトルや、「BLASTBALL」というミニゲームの様子が収録されている。

「メトロイド」といえば、宇宙を舞台にしたシリアスなSFの世界観を持つアクションゲーム。しかし、今回の新作ではキャラクターは三頭身ほどにデフォルメされており、ハードな雰囲気は抑えめで、子どもでも親しみやすいイメージとなっている。

これまでとはかなりイメージの異なるこの新作に、世界中のメトロイドファンからはブーイングが起きた。同動画のYouTubeでの再生回数は6月22日午後3時30分時点で約84万回だが、「高評価」が約6500件に対し「低評価」が約6万2000件。寄せられたコメントも、

「Wow... This is disappointing.」(おお、期待はずれだ)
「I think.....something went wrong during the development of this game, please tell me this ain’t real.」(開発中に何かおかしなことが起きたんだと思う…。どうか本物ではないといってくれ)

などと、新作の路線変更に失望する声が多い。

さらに、署名サイト「change.org」では、「Petition for cancelation of Metroid Prime: Federation Force(メトロイド開発中止の申し立て)」として、同ゲームの開発中止を求めるための署名活動が開始。6月22日午後3時30分までに1万9000人以上が賛同している。

YouTubeでは英語のコメントが多く、特に海外で不評となっているメトロイドの新作だが、日本のネットユーザーはどうとらえているのだろうか。ツイッターを見てみると、

「例のメトロイドのヤツものすごく低い評価だってことは知ってたけど署名活動まで行われてたとは知らんかった。開発中止にしろってのはやりすぎじゃないんかな」
「面白そうなんだけどな
メトロイドのイメージに合わないからタイトル変えた方がいいかも」
「これって対象年齢低めを狙ったデザインとゲームなだけじゃね?
販売中止署名とかぶっ飛んでんなあ」

などと、署名運動はやりすぎだとの意見も多く、海外のゲームファンに比べるとかなり冷静な反応だ。また、

「署名までして止めるってのはシリーズが終わることを望むようなものなのかもなぁ…うーむ…」
「署名活動で開発中止になったらそれこそメトロイドシリーズの新作が出なくなるだけだと思うんだけど」

と、ファンの意見が結果的にシリーズの終焉を招きかねない状況を心配するネットユーザーも多かった。この署名活動を受けて、実際に任天堂が反応するかを含め、今後どのような展開となるのか注目が集まる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト