ネット界の“旬”なニュースをお届け!

欧米男性「息子」に命名する人6割

2015.06.24 WED

噂のネット事件簿


『Magic Mike XXL』は全米で7月1日公開。チャニング・テイタムら、出演俳優の肉体美も話題 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
男性ストリッパーの青春を描いた映画『マジック・マイク』の続編『マジック・マイク XXL』で主演する俳優・チャニング・テイタムが6月17日、大手掲示板「reddit」に降臨。続編公開にあたって“自分をさらけ出す”と宣言し、ファンからの様々な質問に答えた。そのなかで、「自分の×××にニックネームをつけている?」というファンからのびっくり質問に「ギルバート」と返信したことが、ネットで話題となっている。

これを受け、イギリスのニュースサイト「Metro.uk」は大人のおもちゃを手がける「ラブハニー」社に調査を依頼。すると、ラブハニーの顧客男性約200人のうち6割の男性が、自分の「息子」に名前をつけていると回答した。

気になるのが「息子」の名前だ。どんなものがあがったかというと、

「エドワード」
「テリー」
「グスタフ」
「スタンリー」

など、人名が多数。人間以外の大きいものにたとえた人では、

「一つ目の大ヘビちゃん」
「ゴブストッパー(※球状の大きな硬い飴のこと)」
「アトラス(※ギリシャ神話に登場する巨人神」

といった愛称があがっていた。このニュースに対し、日本のTwitterユーザーは、

「俺も早く名前つけなきゃ……」
「あるあ・・・ねーよwwwwww」
「俺は『愚息』としか名付けてないわw」
「自分ではつけたことないよ? 自分では」

などと反応。あまり馴染みのない文化だと受け止めた人のほうが多かったようだ。

この「息子に命名」は、どうやら英語圏では“よくある”話らしい。例えばBuzzfeed.comでは、「息子の名前ジェネレーター」なるものを紹介。リロードで現れる「息子の名前」が気に入ったらクリック、SNSでシェアしよう!と呼びかけている。

またAmazonでは、『500 Funny Nicknames For Your Penis』(500のおかしなニックネーム)、『The Penis Name Book: A Guide to Naming Man’s Best Friend』(男のベストフレンドの名づけ本)といった本が売られているほか、男性の性的健康を応援するサイト「PE Gym」では、バレンタインデーに「息子の名前候補」を100位までランキング。「バットとボール」「ベッドスネーク」「イージーライダー」など個性的な名前がずらりと並べられている。

なぜ名前を付けるのかなんていう疑問は野暮。「自分が一生付き合っていく相手だから」――理由はそれだけのようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト